高橋メアリージュン、“目で殺す”ショットにファン興奮 “淫らな女ダンス”再披露を要望する声も

おたぽる / 2019年4月13日 8時0分

写真

 女優・モデルの高橋メアリージュンが、3月26日に発売された週刊誌「FLASH」(光文社)の巻頭グラビアへ登場。露出激しいドレス姿でセクシーショットを連発し、ファンの目を釘付けにした。

「撮り下ろしグラビアは人生初とのことですが、“目で殺す”というタイトル通り、カメラを睨みつける目力に悩殺されるファンが続出したようです。さらに真紅と黒の2種類のドレスを着用し、胸の谷間、美背中、美脚を露わにした姿はそれ以上に殺傷能力が高く、『今後もグラビア活動を継続すべき』『ビキニ姿も見たい』などと、男性誌での活躍を期待する声が多く集まっているようです」(芸能関係者)

 今回は誌面でのセクシーアピールとなったが、昨年末に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)にゲスト出演した際には、肉体美を誇示するような色っぽいダンスでファンを沸かせたため、「もう一度、あの踊りを!」と望むファンも絶えない。

「高橋は“笑いの刺客”として、お笑いタレントの友近がママを務めるバーのホステス役として登場。美脚が映えるミニスカート&ハイヒールという装いでしたが、メキシカンハットをかぶった途端に“淫らな女”に人格が変わり、友近の歌に合わせて自分の胸を激しく揉んだり、お尻をポンポコ叩く、お色気たっぷりのダンスを披露しました。実は一連の動きがすべてアドリブだったことを、2月に放送されたトーク番組『ダウンタウンDX』(同)に出演した際に明かしました。リハーサルを何度も重ねたようなクオリティーの仕上がり具合と、クールな表情を崩さずに踊りきった適応能力の高さに驚きの声が飛び交い、『インスタに新バージョンの動画を投稿してほしい』と要望する声もネットでは目立ちます」(同)

 グラビア&バラエティで新たな一面を覗かせる一方、現在放送中のドラマ『東野圭吾「ダイイング・アイ」』(WOWOWプライム)では三浦春馬を相手に大胆な濡れ場に挑戦。マルチな才能とサプライズ演出で、今後もファンを楽しませてくれるに違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング