35歳以上の中高年が「オタ活」を楽しむための秘訣とは?『「若者」をやめて、「大人」を始める』レビュー

おたぽる / 2019年5月21日 20時0分

写真

 今の日本、特に都市部における実質的な成人年齢は「35歳」ではないだろうか。厚生労働省におけるニートの定義は「15~34歳までの家事、通学、就業をせず、職業訓練も受けていない者」であり、ジャニーズグループ・NEWSの歌「weeeek」にも、35歳をすぎた自分はイケてる大人になれているのか、という趣旨の歌詞がある。

 容貌や体力の衰えのきざしもしっかり見えてきて、いい加減もう若くないと悟り出す35歳。ここでぶつかる戸惑いや混乱が「中年クライシス」だが、当原稿ではそんな中年の「オタ活」について、精神科医であり、ゲーマーでもあった熊代亨氏の書籍『「若者」をやめて、「大人」を始める』(イースト・プレス)から読み解いていきたい。

 


■大人が不在な日本フィクション界において、オタク界隈は特に神がヤング

 まず、オタクに限らず日本は中年が主役のフィクション作品が少ない。日本の少なくない中年がクライシスしてしまう原因として「フィクションの世界に中年のスターがいないから」は侮れないくらい大きいのではないだろうか。

 一方、欧米圏の海外のドラマや映画を見ると、40代以上の男女が主役の作品も少なくない。中年が銃撃戦をしたり、中年のライバルと丁々発止のやり取りをしたり、中年の恋人とベロチューを交わしていたりと何かと「現役」だ。日本フィクション界において中年以上は「若い主人公を見守る」という毒にも薬にもならないポジションにいきがちだが、海の先を見ると成熟性を日本よりは重んじる文化の違いを感じる。

 日本はただでさえフィクション界が若いが、さらにオタク界において「推し」の対象になるアイドルやゲーム、漫画、アニメのキャラクターはさらに若くなりほぼ10代だ。

 なお、私もそんな二次元の美少年が生きがいなオタクなので「フィクション界は中年ばっかりになるべき」とは決して思わないが、推せる中高年のキャラクターがもっといてほしい。いないから推せないというのもある。若さをキャラクターの魅力の根拠としない『ルパン三世』はすごいと今更思う。

 特に日本フィクション界において「かっこいいおばさん、おばあさん」は希少だ。「かっこいいおばさん、おばあさん」は美少女を描くより圧倒的に競合が少なく差別化を図りやすいブルーオーシャンともいえるが、この山を制覇せんとするクリエイターはほぼいない。

 

■見た目は中年、心は思春期――幸福なオタク少年少女のその後

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング