泉里香、“ワンピース・ナミのボディメイク法”に絶賛の嵐 次は『うる星やつら』ラムちゃんコスプレに挑戦?

おたぽる / 2019年6月5日 7時0分

写真

 昨年12月に放映された求人情報検索エンジン「Indeed」のCM内で、人気コミック『ONE PIECE』(集英社)の登場キャラクター・ナミのコスプレを披露して話題を集めた泉里香。5月22日発売の美容雑誌「MAQUIA」(同)でそのボディメイク法を明かし、プロ意識の高さを称賛する声が集った。

「『ONE PIECE』の連載20周年記念のコラボ企画でナミのコスプレに挑戦した泉ですが、世界的な人気を誇る作品&キャラクターなだけに不安は大きかったようですね。24歳の頃から6年あまりトレーニングを続け、元々グラマラスだった体型をさらに絞るため、撮影の1カ月前から腹筋を強化し、完全に糖質OFFの生活を送ったとのこと。その結果、“ナミBODY”の代名詞である『バストとウエストの黄金バランス』に磨きがかかり、まるでフィギュアのような極上スタイルをゲット。『CMを観て下さる方に夢を与えたい!』という想いのもと、目標を達成した意志の強さにファンからは絶賛の声が寄せられました」(芸能関係者)

 ナミに近づくべくボディメイクに奮起できた理由について、「大好きなキャラクターだったから」とも語った泉。「次にやってみたいキャラクターは?」という質問に対して、子どもの頃からの憧れという、アニメ『うる星やつら』のラムちゃんを挙げたため、「すぐにでもできるのでは?」「いっそのことコスプレ写真集を出して!」などと、ファンの期待が高まった。

「トラ柄ビキニのセクシーな姿に憧れを抱いているという泉ですが、ラムといえばナミ以上に露出度がアップするため、ファンの興奮を高まるばかりです。同誌のグラビアではウエストがあらわな衣装姿を披露しているのですが、トレーニングは継続しているようで、腹筋は薄っすらと割れ、今すぐにでもラムちゃんになりきれそうなスタイルをキープしています。『オファーお待ちしています(笑)』と乗り気な様子ですから、実現する日はそう遠くないかもしれません」(同)

 泉は、2003年に放送された実写版『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)で共演した、安座間美優、北川景子、小松彩夏、沢井美優らと今でも交流が続いており、“戦士会”と名付けられた食事会などを、各自の誕生日などにあわせて開催している。各メンバーSNSに写真をアップすることで話題になっているが、16年ぶりのセーラー戦士コスプレにも期待したいところだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング