白石麻衣(乃木坂46)、『女性アイドル顔だけ総選挙』3連覇達成に、佐々木琴子ファンが殿堂入りを要望?

おたぽる / 2019年6月17日 7時0分

写真

人気アイドルグループ・乃木坂46の“まいやん”こと白石麻衣が、5日放送のラジオ番組『レコメン!』(文化放送)内で発表された、リスナー投票による「第7回 女性アイドル顔だけ総選挙」で1位に輝き、3連覇を達成。「向かうところ敵なし」「まさにアイドル界の美の象徴」などと、ファンから祝福の声が殺到した。

「白石は元AKB48の渡辺麻友と並び、通算2度の首位記録を持っていましたがが、今回で単独トップに浮上。また、SKE48の松井珠理奈とともに7年連続でTOP20入りという快挙も同時に成し遂げました。このランキングでは“顔だけ”という縛りがついていますが、クールな見た目とはギャップのあるお茶目なキャラクターでもファンを魅了し、握手会の待ち時間もディズニーリゾートの人気アトラクションと肩を並べるほど。白石の群を抜いた人気ぶりに、『アイドル史上でも屈指の逸材なのでは?』『余程のことが起きない限り、まいやんが2位以下になることはなさそう』などと、ファンたちからは称賛の声があがりました」(芸能関係者)

 圧倒的な強さを発揮したため、ネット上では殿堂入りを推す声が飛び交ったが、2年連続で2位にランクインした乃木坂46・2期生の佐々木琴子のファンからは特にその声が多く寄せられているようだ。

「佐々木は昨年、約100票差にまで白石に迫り、『今年こそは』とファンは期待したようですが、約1,500票差と逆に離されてしまう結果になってしまいました。今回のTOP20に乃木坂46からは計10名がランクインしましたが、その中でシングル曲の選抜経験がないのは佐々木のみ。AKB48グループのように専用劇場があるわけでもないため、選抜漏れメンバーがアピールできる場所は少なく、『まいやんがいなければ、2連覇達成できたのかぁ』『運営に認められて、今頃は選抜入りできてたかもしれない』などと、あまりに高くそびえる白石の壁に嘆く佐々木ファンの声がネット上では散見されました」(同)

 白石がいることで後輩のチャンスが潰れる一方、芸能界でも屈指の美貌を誇る先輩が身近にいるからこそ、それを目標にグループ全体が進化し続けているともいえる。これから1年、それぞれの成長と次回のランキング発表が楽しみだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング