“変態““血塗れ“に加えて“BL“も! “両刀遣い“とも噂の江戸川乱歩、没後50年でも古びない『孤島の鬼』を読むべし!!

おたぽる / 2015年7月10日 17時0分

 古くから愛読しつつも、今なお諸戸の報われない愛に号泣必至だと、入江さんは語り続けたのであった。

 さて、そんな今回の傑作選には、さらに一点注目するポイントが。この傑作選は、同社でも初の文芸書への参入なのである。そのため、デザインもこれまで乱歩を読んだことのない女性読者の目をひくものとなっている。

 その表紙イラストを担当しているのは、アメリカに拠点を置きマーベルやDCコミックで表紙イラストを手がける咎井淳(ジョー・チェン/Guilt|Pleasure[ギルトプレジャー]というユニットでも活動)。同じくリブレ出版から刊行されたマンガ『In These Words』によって、日本国内でも注目されている彼女。女性読者からは、いま官能的な男性を描かせたら並ぶ者はいないと圧倒的な支持を受けている作家だ。刊行予定の三冊の表紙イラストは、男性が見ても間違いなく官能的だ。

 ちなみに巻末では、乱歩の孫・平井憲太郎氏が祖父の思い出を綴っているので、既存の読者も、もう一度読む価値があるだろう。ちなみに、最初にこの企画を提案した際、平井氏は少し戸惑っておられたそうだが「こういう切り口なら、これまで乱歩作品を読んだことのない若い女性読者も手に取ってくれる」との説明に、企画を快諾してくれたのだとか。

 いくつになっても、「人生の中で興奮した本の10冊」のうち1冊には必ず入る乱歩作品。蓑浦と諸戸の報われない関係に、若い女のコと一緒にキャアキャアしたいと思う2015年の夏である。
(取材・文/昼間 たかし)

■江戸川乱歩×咎井 淳[Guilt|Pleasure] 江戸川乱歩傑作集(全3巻)
http://www.libre-pub.co.jp/ranpo50th/

■Guilt|Pleasure Special PageM
http://www.b-boy.jp/hotnews/gp2014/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング