白石麻衣(乃木坂46)を“いかに美しく撮るか”対決の勝敗は? エロメガネ教師姿に興奮の声も

おたぽる / 2019年7月19日 7時0分

写真

 5日に発売された週刊誌「FRIDAY」(講談社)の連載企画『乃木撮』で、乃木坂46の秋元真夏と松村沙友理が、“まいやん”こと白石麻衣を被写体に“いかに美しく撮るか”対決をした際の写真が掲載。ファンたちから「勝敗は?」「誰がどう撮っても美しいのでは?」といった反響を呼んだ。

「今回掲載された、両手を胸元に置いて遠くを見つめる白石の姿を捉えたのは秋元でした。ただ、松村が撮影したワンショットはなかったため、『これじゃあ、勝敗がわからない』と指摘するファンが相次ぎました。また、グループ結成から8年近くの付き合いがあり、秋元と松村は白石と特に仲が良いことで知られるため、プロのカメラマンですら引き出せない素の表情を捉えられる可能性があるのではないかと期待され、毎回12カットが掲載される同連載を『フルに使ってくれて構わない』『まいやん特集を組んでくれ!』と要望するファンも多いようです」(芸能関係者)

同号には秋元撮影による白石&松村のツーショットも掲載されたが、両サイドが釣りあがったフォックス型のメガネをかけた白石の姿に対して、「とってもエロティック」「Sっぽい雰囲気を醸し出している」などと、興奮するファンが続出した。

「この写真は、白石が蛍光イエロー、松村が蛍光ブルーと、ド派手な衣装を着用し、『ファンキーな先生に変身』して臨んだCM撮影時のものとのこと。白石は今年4月期の連続テレビドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)では、平然と下ネタ発言をするぶっ飛んだ性格の教師役を演じていましたから、そのイメージとメガネのデザインによって『エロスを感じる』と、鼻息を荒くするファンも目立ちました。また、以前放送された冠番組『『NOGIBINGO!7』(日本テレビ系)でも、同じタイプのメガネをかけ、ビシッとしたスーツ姿で生徒(カメラ)に向かい誘惑する演技を披露したことがあるため、『またあのエッチな演技を再現して欲しい』というリクエストも寄せられたようです」(同)

先月30日深夜放送の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で行われた占い企画では金運がメンバー内で2位、来年には「さらに金運が爆発しそう」との結果が出た。アイドル業だけでなく、色気のある演技をウリに女優業でも活躍して収入アップとなるか注目が集まりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング