「アイドル=フリフリの衣装だと思ってたのに......」ひめキュンフルーツ缶・穂乃花の成長と変化

おたぽる / 2014年1月13日 23時0分

写真

――昨今のアイドルブームもあり、たくさんのアイドルが生まれ続けています。「ブームだから」だけで語られがちなアイドルですが、そのスタイルや考え方は千差万別。そこで、この連載では、"アイドル自身が考えるアイドルとはなんなのか?" を語ってもらい、アイドルの神髄を探っていきましょう。放送作家エドボルがアイドルたちと共に今、あえて世に問う!「アイドルなめてませんか?」

第3回 ひめキュンフルーツ缶/河野穂乃花編

 第3回に登場いただくのは、昨年末にメジャー第2弾シングル「モラトリアム」がリリースされ、さらに注目を集めている愛媛が生んだ本格ロックアイドル「ひめキュンフルーツ缶」より、河野穂乃花さんです! 2011年に初めてインタビューした時は、引っ込み思案で、キャラクターに迷っていた彼女が、2年間の活動の中で確立した"天使キャラ"などを経て、どのように成長したのでしょうか?

――まずは、あらためてですが、なぜ「ひめキュンフルーツ缶」のオーディションに応募しようと思ったんですか?

穂乃花 えー? なんでだったんですかね(笑)。私、テレビを観るのが好きで、それで芸能界に憧れてて。AKB48さんが有名になって、(アイドルって)いいなって思うようになったんです。その時に、ひめキュンの応募をお母さんが見つけてくれて。それで、応募してみようかな? っていう......。

――3年前に聞いた答えと全く変わってなくて、安心しました。

穂乃花 変わりませんね、これは(笑)。

――もともと、アイドルには憧れがあったということですよね?

穂乃花 はい。ずっとAKBさんをテレビやネットで観てましたね。

――AKBさんのブレイク以降、アイドルという存在を知った感じですか?

穂乃花 その前に、モーニング娘。さんは知ってました。

――ひめキュンにはモーニング娘。が大好きな谷尾桜子さんがいるじゃないですか。以前は、移動中とかにも桜子さん主導でDVDを観てるとおっしゃってましたよね?

穂乃花 観てましたね。ただ、最近は、自分たちの動画を観るようになりました。ライブの時に映像を撮っておいて、終わった後にみんなで観るようになったんです。

――反省会とかするんですか?

穂乃花 しますします。

――いつ頃からやるようになったんですか?

穂乃花 うーん、最近かな? 春ツアーの時くらいからですかね。

――そこは、大きな変化ですよね。

穂乃花 そうですね、変わったと思います。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング