“二郎“パロディで盛り上がるも、評価が分かれた『スペース☆ダンディー』

おたぽる / 2014年1月14日 10時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『スペース☆ダンディ』
第2話 「幻の宇宙ラーメンを探すじゃんよ」

【今週の極私的見どころ!】
 ラーメン屋でのスカーレット(CV:桑島法子)の大立ち回り! ご飯屋さんでの戦闘は、『サムライチャンプルー』を彷彿とさせます!! 今回、作監補佐に久保田誓さん、原画では向田隆さん、平松禎史さんやジブリ作品に多く参加していることでも知られる田中敦子さんなど、超一線級のアニメーターが多数参加。戦闘シーンのクオリティの高さも納得です。

 正直、今回はストーリー的な見どころはなかったのですが、このアニメーションを見れることはとても贅沢で、評点も自然と甘めになりました。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

 第2話は、「宇宙人登録センターなう。」と、ベテルギウス星人のミャウ(CV:吉野裕行)がツイッターのようなサービスでつぶやくところから始まります。いつの間にかミャウは、宇宙人ハンター・ダンディ(CV:諏訪部順一)と掃除機ロボット・QT(CV:佐武宇綺[9nine])と同行することとなったようです。件の宇宙人登録センターでは、ダンディが見つけたらしい宇宙人を検査員のスカーレットが審査するものの、成果なし。当然、報酬ももらえません。そんな中、ミャウから「幻の宇宙人が作っているとされるラーメンがある」との情報が。

 情報収集のために訪れたブービーズで、やはり(女は)おっぱいだなと語るダンディ。前回は尻に限るって言ってたのに! ともあれ、ブービーズで幻のラーメンに関する情報をゲットした一行。一路、色んな地方のラーメンが一堂に集まっているという「宇宙ラーメンステーション」へと赴きます。この「宇宙ラーメンステーション」の見た目は、ほぼ新横浜のラーメン博物館です。そこでも、ラーメン店行脚をつぶやき実況するミャウ。その様は、丸の内勤務のOLのごとし。

 一方、ゲル博士(CV:石塚運昇)らゴーゴル帝国は、ダンディたちを必死で探していました。ゲル博士は、「宇宙ストリート銀河ビュー」を使ってダンディを探すも補足できず。「ストリートビューで見つかるわけねぇwww」と、視聴者も総ツッコミです。しかし、ミャウのツイッター(のようなサービス)からダンディたちの居場所が特定されてしまいます!

おたぽる

トピックスRSS

ランキング