白石麻衣(乃木坂46)、楽屋で“黒石さん発動”ショット&遠藤さくら撮『女神降臨』にファン歓喜

おたぽる / 2019年9月24日 7時0分

写真

 人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣が、名前にちなんだ裏キャラ“黒石さん”を発動させた写真が、13日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)のオフショット連載『乃木撮』に掲載され、「これはレア」「黒石さんに睨まれている気分が味わえて最高!」などとファンを興奮させた。

 この“黒石さん”は、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、同期の秋元真夏があざとい言動をした際、白石がイラ立つ様子を見せたことを発端にキャラを確立。今回、頬杖をついてカメラを睨みつける白石の姿を捉えたのは、やはり秋元だった。

「休憩中の白石にカメラを向けたところ、『なに撮ってるの?』と睨まれたという秋元ですが、『それでも私は、めげずにまいやんを撮り続けるからね!』と決意表明。今回は黒石を発動させてしまいましたが、白石の頬を両手で挟み込んでの強制的な変顔や、ドアップのキス顔ショットなど、これまでスクープを連発してきた実績があるだけに、エールを送る白石ファンも少なくないようです」(芸能関係者)

 楽屋での撮影といえば、13日深夜に放送された音楽番組『バズリズム02』(日本テレビ系)では、メンバーがオフ時に撮影した動画を集めた、「カワイイGP」を開催。白石にカメラを向けた4期生の遠藤さくらに対して、「いい仕事をした」「これからもコンスタントに作品を見たい」などと称賛の声が集まった。

「白石に憧れを抱く遠藤は、『女神降臨』というタイトルをつけ、白石を真正面から撮影した動画を紹介。『いつもリハ中とか見てます。美しいです』と持ち上げることで女神の笑顔を引き出し、照れた様子でカメラを上目遣いに見つめるドアップの映像をゲットしました。これには、『さくらちゃんだから撮れたレア映像』『外部のカメラマンだったら撮れなかった』などと白石ファンを歓喜させ、『乃木撮』の動画バージョン開始を要望する声も寄せられたようです」(同)

 残念ながら、「カワイイGP」は生田絵梨花が受賞し、今回は逃してしまったが、白石&遠藤のペアでリベンジを期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング