きゃりーぱみゅぱみゅ、5年前と比べ「ビジュアルが磨かれた」と絶賛の声 “おふざけエロダンス”に熱視線も

おたぽる / 2019年10月24日 8時0分

写真

 13日、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが「比較です」とのコメントを書き込み、同じ衣装を着た現在と5年前の写真を並べて自身のTwitter上にアップ。「ビジュアルがいかに磨かれたかが一目瞭然」「オトナっぽくなった」などと、ファンからはその成長ぶりを指摘する声が集まった。

 同日に開催された音楽イベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル』で、白黒ボーダーのトップスにピンクのスカートという衣装を約5年ぶりに着用したというきゃりー。この投稿を見たファンが当時の画像を探し当て、それを現在の写真と並べるカタチで自ら加工してツイートしたのだった。

「5年前にはすでに売れっ子歌手として活躍していたきゃりー。21歳だった当時はまだあどけなさが残り、画質の問題もあるとはいえ、メイクも今ほどには洗練されていないように見受けられます。また、最近ではトレーニングによってしっかりボディケアを行っているため、『カラダにメリハリが出たのでは?』『腰回りがセクシーになったように感じる』との声もあり、売れ続けるために努力してきたことが一目でわかる1枚となったようです」(芸能関係者)

 現在26歳となり、外見だけでなく内面もオトナに……とはいかないようで、いい意味で子供っぽさを失わないきゃりーは、10日には友人と狂ったようにはしゃぎ踊る動画をTwitter上にアップしてファンを笑わせた。

「上下スウェットというラフな姿で、キレッキレのダンスを披露したきゃりーですが、最初は変顔を披露しファンを笑わせたものの、途中で目を閉じながら上を向き、胸のあたりを撫でながら恍惚としたような表情を浮かべる箇所があるため、『おふざけエロダンス最高!』『セクシーダンスのみの動画アップもよろしく!』などと反響を呼んだようです」(同)

 このダンス中、隠れ巨乳のラインが薄っすら見え、控えめに自己主張していると話題に。ネット上では、世の男性に対するリーサルウェポンとも称されるだけに、美バストの露出によってきゃりーは、この先さらに人気アップの可能性を秘めているのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング