橋本環奈、元乃木坂46・若月佑美との“制服ショット”にファン歓喜 “ヤンキー演技”に期待高まる

おたぽる / 2020年1月22日 8時0分

写真

 9日、人気女優の橋本環奈が自身のTwitterを更新し、今月24日から公開の主演映画『シグナル100』で共演する、アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーの若月佑美、女優の恒松祐里と撮ったショートムービーをアップ。お揃いのオレンジ色のブレザーを着用した学生服姿に、「こんな美女が同級生だったら毎日が天国」「この動画を見るだけで幸せな気分になれる」などと、ファンから絶賛の声が相次いだ。

 教師によって催眠をかけられ、教室に閉じこめられた高校生たちのデスゲームを描いた同作品。同日に完成披露会見が行われ、動画はその会場の座席で撮影されたらしく、橋本が「圧倒的にゆるい動画をお届けさせて頂きます」とツイートしたように、グダグダな様子で映画の告知をしているものの、仲の良さが伝わる投稿となった。

「恒松とは2017年3月に公開された映画『ハルチカ』で、若月とは18年10月期に放送された連続テレビドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で共演したことをきっかけに、プライベートでも親交を深めている橋本。和気あいあいとした雰囲気のオフ感漂う動画に、『告知はゆるすぎだけど、まったく問題なし!』『絶対に観に行きます!』などと、ファンは歓喜したようです。また、橋本は現在20歳、恒松は21歳、若月は25歳のため、『いつ、制服姿が見納めになるかわからない』との想いもあるようですね」(芸能関係者)

 ただ、恒松は今月24日からスタートの連続ドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)で高校生役を演じるため、制服姿を拝むチャンスはあり、橋本と若月も7月公開予定の劇場版『今日から俺は!!』において再びスケバン姿を披露。こちらはビジュアルだけでなく、橋本の振り切った演技にも注目が集まっている。

「同作品は、原作コミックの連載がスタートした1980年代のヤンキー文化を再現しているため、橋本と若月はケバいメイク&ロングスカートというスタイルで出演。このレアなビジュアルに加え、ケンカシーンでは気合の入った姿を見せるものの、恋人の伊藤真司(伊藤健太郎)の前では露骨にデレデレする橋本に対し、若月が戸惑いの表情を浮かべる、という寸劇が鉄板になっているため、『あのヤンキーコントを早く観たい』『環奈ちゃんのぶりっ子演技最高!』などと、ファンの期待は高まっているようです」(同)

 昨年2月に20歳になり、お酒を飲めるようになったことで酒豪キャラが開花し、バラエティー番組でも活躍中の橋本。女優業だけでなくタレントとしてもファンを楽しませてくれるに違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング