上村ひなの(日向坂46)、“全男子が夢見る”ショットに絶賛の声 鋭さ増す“変化球”に注目も

おたぽる / 2020年1月22日 9時0分

写真

 人気アイドルグループ・日向坂46の金村美玖が、MV撮影の合間に撮った後輩・上村ひなのの写真が、10日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)のオフショット連載『日向撮』に掲載。『全男子が夢見る理想のシチュエーション』と銘打たれたが、「まさに憧れの状況」「美玖ちゃん、男心がわかっているななぁ~」などと、ファンから絶賛の声が集まった。

 金村は、「誰もいない放課後の教室で、彼女に『一緒に帰ろう』って言われているシーンをイメージした」とのこと。制服を着て窓際に佇む上村に対し、自らの手を差し伸べて繋ぐ演出が、ファンの妄想を掻き立てた。

「雑誌に掲載されるグラビア並みのクオリティーを目指したという金村は、陽当たりの良いイメージ通りの撮影場所を見つけたようで、『これは自信作!』と太鼓判。『ひなのは現役中学生なので制服が似合っているし、キュンとする青春っぽさが詰まった1枚だと思います』とコメントしましたが、手だけを差し出す主観ショット演出を含めてファンからは、『プロのカメラマンも顔負け』『シリーズ化してほしい』などと称賛の声が相次ぎました」(芸能関係者)

 黒髪ロングにキュートな顔立ちと、王道アイドル系のピュアなルックスでファンの目を釘付けにした上村。だが、その中身は不思議ちゃんというギャップも注目ポイントだろう。特に冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)では、MC役のオードリーも驚くほどのバラエティー能力を発揮して笑いをかっさらっている。

「2018年12月に加入した当初から、“いつでもどこでも変化球、ひなのなの”というキャッチフレーズを用いている上村は、同番組でも初登場時からその真価を発揮。特に大喜利には定評があり、『作家がついているのでは?』とのウワサがネット上で飛び交うほどユニークな回答を連発。その“変化球”は鋭さを増すばかりのため、『他番組にもどんどん出演してほしい』『これからのバラエティー界を席巻する逸材』などと、ファンの期待は高まるばかりです」(同)

 グループ最年少15歳と、まだまだ伸びしろたっぷりの上村。日向坂46は昨年3月にシングルCDデビューして以降、全3作で小坂菜緒がセンターを務めているが、そのポジションを脅かす存在としても注目集まる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング