渡邉美穂(日向坂46)、“NANAファッション&犬のおしりの顔”に絶賛の声

おたぽる / 2020年2月1日 10時30分

写真

 人気アイドルグループ・日向坂45の“ベミホ”こと渡邉美穂が、1月19日深夜に放送された冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で、全身黒で統一した革ジャン&ロングスカートのパンクファッション・スタイルを披露。「いつもの制服姿とは雰囲気が全然違う」「クールなベミホも最高」などと興奮するファンが続出した。

 この日は、今年成人式を迎えた、佐々木美玲、松田好花、渡邉の20年の歴史を振り返るフィーチャー企画を実施。それぞれ“自分が思う大人な格好”で出演することになり、渡邉は人気コミック「NANA」(集英社)の主人公・大崎ナナをイメージしたファッションをチョイスした。

「渡邉は前々回の放送で、夢占いタレントのLove Me Doから、開運ファッションとしてパンク系を勧められたこともあり、今回の衣装を選んだとのことですが、日向坂46は清楚な制服が多いだけにファンには目新しく映り反響を呼んだようです。また、『NANA』といえば2005年と翌年に映画版が公開され、歌手の中島美嘉がナナ役を演じてヒットを記録しましたが、渡邉ファンからは、『ベミホ版の制作をして欲しい』と要望する声が寄せられているようです」(芸能関係者)

 登場シーンからファンの目を釘付けにした渡邉だが、幼少期の写真やムービーが続々と紹介されたことで、「今とほとんど顔が変わってない」「これは確実に整形してないね」などと、天然美少女ぶりを絶賛する声も相次いだ様子だ。

「番組では渡邉が3歳の時に撮影されたという、目をつぶり下唇を突き出して変顔をしている動画を紹介。渡邉いわく『犬のお尻の顔』がテーマの変顔だったとのことですが、その無邪気な姿にメンバーもメロメロ状態でした。アイドルは妬みなどから整形疑惑をもたれやすい存在ではありますが、『目元が今のベミホのまんま』と指摘する声が集まるなど、今回の企画によって渡邉には今後一切、そのような疑いの目が注がれることはないでしょう」(同)

 その3歳時には、梨狩りの時に角材を拾って母親を殴った、というパンクなエピソードも語られた。また、Love Me Doからは、普段とアイドル活動時のキャラが違う、と指摘されて頷く場面もあったため、今後はこれまでのイメージとは異なる姿でファンを楽しませてくれることになるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング