佐々木美玲(日向坂46)、OL姿に絶賛の声 “綾瀬はるか化”に「ソックリ」の声も

おたぽる / 2020年2月2日 8時0分

写真

 人気アイドルグループ・日向坂46の“みーぱん”こと佐々木美玲が、専属モデルを務める女性ファッション誌「non-no」(集英社)の1月20日発売号で、OLファッションを披露。「普段よりもグッと大人っぽい」「こんなキレイな新人が配属されてきたら天国」などと、ファンから絶賛の声が相次いだ。

「佐々木は今回、“新社会人が4月までに買っておくべきもの”を特集した企画に登場しました。オフィスでのショットや、珍しくメガネをかけた姿を披露。先月17日に20歳の誕生日を迎え、『大人っぽい衣装も似合うようになった』といった、好意的な反応が目立ちますね。成人の日を控えた今月10日には、同誌の公式サイト上で、赤を基調とした梅模様入りの晴れ着姿も公開。グループ加入時の16歳からの成長ぶりに、感慨に耽るファンも少なくなかったようです」(芸能関係者)

 人生の門出を祝い、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)の19日深夜放送回では、松田好花と渡邉美穂を含めた成人メンバーのフィーチャー企画を実施。その際、それぞれ“自分が思う大人な格好”で登場したのだが、佐々木は2007年と10年に放送されたTVドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)に出演時の綾瀬はるかの真似をしたファッションを披露した。

「休日は家でグータラ過ごす“干物女”な20代半ばのOLを描いた同ドラマ。佐々木は髪の毛をちょんまげに結い、デビュー曲のタイトル『キュン』と書かれたTシャツにジャージ、サンダルというスタイルで登場しました。以前からファンの間では、綾瀬に似ているとウワサになっていましたが、“寄せた”ことでさらにソックリになったと話題に。MCを務めるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭からは、『夜コンビニに牛乳買いに来る人』とツッコまれましたが、珍しくオフ感漂うユルユルな姿が見られたことでファンは歓喜したようです」(同)

 今月15日深夜から、日向坂46のメンバーが総出演するTVドラマ『DASADA』(日本テレビ系)が放送開始されたが、そこでの演技が認められれば、佐々木も綾瀬のように女優業での活躍も、期待できるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング