紗倉まなの学祭出演中止は“セクシー女優ゆえ”じゃない!? 過去には3日ぶっ続けのストリップショーも…

おたぽる / 2015年10月21日 19時0分

写真

 セクシー女優の紗倉まなが、学園祭の講演会が中止になったことをTwitterで明かして話題になっている。学校名は国立の岐阜大学医学部で、学生から出演オファーを受けていたものの、大学側の許可が降りなかったという。

 主催学生はポスターも作成しており、紗倉にはネット上での告知も求めていた。突然の中止決定に紗倉も戸惑いを隠せない様子だ。

 紗倉まなは、テレビ出演なども行っておりセクシー女優の中でも知名度は高い。公演の許可が降りなかったのは、やはりセクシー女優という立場ゆえだろうか。

「最近の学園祭では、セクシー女優のトークショーはよく行われている企画です。お医者さんが一緒に出演し、性病予防など真面目なテーマを取り上げ、会場ではコンドームが配られるなんてこともあります。今回の件は、学生の段取りの悪さが問題の本質であり、職業はあまり関係ないでしょう」(アダルトライター)

 学園祭ではセクシー女優だけでなく、AV男優の講演会が行われることもある。加藤鷹も多くの学園祭で講演を行い、性愛について語ってきた。こうした企画は近年になって始まったものではない。かつては、さらに過激な企画が行われてきた。

「今はなき日本ジャーナリスト専門学校では、特別公開授業で、AV監督をゲストに招き、作品の上映と、AV女優の公開オーディションが行われたことがあります。希望者にその場でフェラチオをするハプニングもありました。和光大学では、3日間、72時間にわたってぶっ続けの開催の中で、ストリップショーが行われたこともありますね」(同)

 こうしてみると、セクシー女優の講演会はいかに、ソフトな企画であるかがわかるだろう。地方在住のファンにとってはぜひとも実現してほしい企画だったのではないか。中止となってしまったのは残念でならない。
(文=平田宏利)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング