老舗メーカーにも倒産の危機!? 意外と知らない“ソフト売り上げ本数”の謎とは?【ぶっちゃけエロゲー界はどうよ?連載(1)】

おたぽる / 2015年10月31日 14時0分

写真

 10月中旬、「老舗美少女ゲームメーカー・エルフがゲーム制作から撤退、あるいは倒産してしまうのではないか」とプチ騒動があったのをご存じだろうか? 10月15日に発売された、エルフの新作ゲーム『麻呂の患者はガテン系3 完結編』のエンドロールで、これまでにエルフが発表したタイトルの年表と「Thank you for the last 27 years」というメッセージが流れた。それを“まるでお別れメッセージ”とユーザーがネット上に書き込んだことで、瞬く間に話題が拡散。

 それを受けて、あの東京スポーツがわざわざ記事化したため、エロゲーファンや野次馬たちも大いに騒ぎまくったのだが、本当にエルフはやばいのか? そもそも最近はエロゲー界隈で景気のいい話を聞かないが、業界として大丈夫なのか?

 そこで20世紀から21世紀になる前後ぐらいからエロゲー専門誌でライターとして活動、最近では軸足を3次元に移しながらも、いまだエロゲーに携わるフリーライター佐藤氏(仮名)に事の真相と、ざっくり昨今のエロゲー業界について語ってもらった。
 これがまた、知っているようで意外と知らないエロゲー業界話が面白い。せっかくなのでプチ連載でお届けする。


■潰れはしないが、俺らが愛した老舗エルフとはもはや別モノに!?
―― 「エルフ、エロゲーから撤退!?」という記事を読んでもらいましたが、どうなんですか、エルフは潰れちゃうんですか?
佐藤「結論から言うと、潰れはしない。ただ、すでに開発スタッフは中にいないと聞いてるので、新作はリリースされないんじゃないかな」
―― あ、そうなんですか。エルフはスタッフの大量移籍、それに伴ってブランド・シルキーズも閉鎖と、景気が悪そうですね?
佐藤「『同級生』『ドラゴンナイト』『伊頭家』とヒットシリーズが何本もあって、景気が良いときは挑戦的な作品を制作したり色んなことをやっていたんだけど、シリーズの要となる人材が退社されたりして、徐々に悪い循環(販売本数が落ちる→予算を削る→作品の質に影響が出る→さらに販売本数が落ちる)にハマってしまったよね。最近だと、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の権利をMAGES.に譲渡したり、DMMと連動することで、パッケージからダウンロード市場へ切り替えて、シルキーズブランドとして頑張っていたんですけど、DMMからの束縛が強まったらしくて」
―― こういうゲームを作れっていう指令が出るということ?
佐藤「そう。それが強制的になると、もう完全下請けと変わらないじゃないですか。それを嫌ったスタッフたちが、独立してシルキーズプラスを立ち上げたと聞いてます」
―― シルキーズプラスは元気なんですか?
佐藤「第1作目『なないろリンカネーション』は、エルフの匂いが感じられるゲームで好評でしたね。以降の作品も最盛期からブランドの強みだった塗りがすごく良くて、一時期はエルフ塗りを業界中で真似していたほどですけど、その塗りは健在ですね」
―― それは良かったです。しかし、エロゲーに関わるクリエーターさんの発言を追うと、「いつまでエロゲー作れるのかな」とか、弱気なコメントがすごく目立つんです。今、エロゲー業界ってそんなに景気が悪いんですか?
佐藤「悪い! 『PUSH!!』(マックス)も休刊になっちゃったしね。最盛期は月刊誌が10冊ぐらいあったのに、『コンプティーク』(KADOKAWA)がエロゲーを取り扱わなくなって、今は3冊だけ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング