謎の下ネタが際立つ!? 本筋は高評価ながら演出に疑問の残る『Wake Up, Girls!』

おたぽる / 2014年2月8日 21時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『Wake Up, Girls!』
第5話「天国か地獄か」

【今週の極私的見どころ!】
 新曲「16歳のアガペー」が良曲の予感。本当に曲がいいなぁ、このアニメ......! 早くフルが聴きたいです! 公式サイトではその他の曲も含め、ショートバージョンが視聴できますよ。だけど、なぜこの曲、「16歳のアガペー」なんて曲名に......(笑)。完全に狙いですよね? ちなみに「アガペー」とはギリシア語で「愛」という意味だそうですよ。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

※※※※※※※※※

 公演の下見のため仙台に訪れていた「I-1クラブ」のメンバー・岩崎志保(CV:大坪由佳)に、駅前で偶然遭遇した島田真夢(CV:吉岡茉祐)。真夢のアイドル活動再開をあまり歓迎していない様子の志保は、「よくもう1度戻ってくる気になったわね。どうして?」と問いかけます。それに対して真夢は複雑そうな表情......。
 
「私たちに迷惑掛けたことだけは忘れないでね」
 
 そう言い残して去っていった志保。修羅場だった......! それにしても、何があったのか本当に気になるところです。
 
 数日後、「Wake Up, Girls!」(通称:WUG!/ワグ)2曲目の持ち歌が遂に完成! その名も「16歳のアガペー」(笑)。この新曲を引っさげてのライブを開催することになった「WUG!」。しかし、開催日が「I-1クラブ」の仙台シアターこけら落とし公演と同日であることが判明。どう考えてもお客さんが取られてしまいます。しかも、こけら落とし公演に出演するのは「I-1クラブ」の中でも特に人気のあるメンバーばかり......。勝てるはずがありません。
 
 レッスンに励んでライブ当日を迎えた「WUG!」メンバーでしたが、案の定集まった客はごくわずか。しかもステージでは失敗ばかりで、見ているファンたちも複雑そうな表情です。そんな「WUG!」のステージを見て不敵な笑みを浮かべる怪しい男も、何者なのか気になるところ......。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング