『銀河鉄道999』にそっくり!? オッサンの心を掴み続ける『キルラキル』

おたぽる / 2014年2月8日 22時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『キルラキル』
第17話 「何故にお前は」

【今週の極私的見どころ!】
 鬼龍院皐月(CV:柚木涼香)って実は「反生命繊維」じゃない? っていう前からのフラグが回収! 本能字学園+リボックス vs ヌーディストビーチ(以下、NB)という今までの構図が、リボックス(生命繊維派)vs 本能字学園+NB(反生命繊維派)という構図に。

 今後、皐月と纏流子(CV:小清水亜美)のタッグも見られるのかもしれません。前回も言及しましたが、筆者はやはり『銀河鉄道999』との類似性がとても気になりました。それついてはあらすじの後で。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

※※※※※※※※※

 突然ですが、本能字学園は鬼龍院羅暁(CV:朴璐美)が生命繊維による人類支配を企むにあたって作られた実験都市だった! そして、「大文化体育祭」の実態とは、「生命繊維を完全覚醒させる」為の実験なのであーる! そんなわけで、本能字学園では「大文化体育祭」の準備が着々と進んでいるのでした......。

 一方、大阪。神衣・鮮血(CV:関俊彦)を着て戦うことを拒否した流子、黄長瀬紬(CV:小西克幸)と対立していましたが、満艦飾マコ(CV:洲崎綾)のマコ劇場的論理と「わたしを着ろ。でないと風邪をひくぞ」という鮮血の謎説得によって、美木杉愛九郎(CV:三木眞一郎)らNBと行動を共にすることにしたのです。

 そして、美木杉が流子に語る「愚かな女」、5話で仄めかされた絹江(きぬえ)の真実。実は、例の「人と服との共存」を信じていた絹江なる人物は、黄長瀬紡の姉。そして、流子の父・一身側近の助手としてNBで神衣の開発にあたっていたんだそうです。さらに、鮮血には流子のDNAが組み込まれているために、流子と鮮血は意思疎通できるのだということも。

 ここでハッとする人はハッとするでしょう。そう、ネットでは早くから言われてきた、黄長瀬と流子の共通点、黒髪の地に赤毛。一身の側近だったとすれば、状況的に流子が絹江の娘であってもおかしくありません。更に、その傍証として絹江の弟である紡と身体的特徴が似ている、というのもつじつまが合います。というわけで、流子は紡の姪だったのか? はっきりとはわかりませんが、どういう真相なのか、今後を待ちましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング