仮性包茎・・・50代でも将来の介護に備えて手術は必要?

オトコクラス / 2014年10月5日 21時55分

写真

日本の成人男性の内、約6割~7割は仮性包茎と言われています。つまり、大多数が仮性包茎なわけですから、それほど気にしたり、恥ずかしがったりする必要はありません。しかし男性であれば、やはり気になってしまうものです。今回は、将来の介護に備えて、仮性包茎の手術をするべきか否かで悩んでいる男性からのご相談です。

50代男性からのご相談:「仮性包茎で悩んでいます・・・将来の介護に備えて手術するべきでしょうか?」

介護の際に見られて恥ずかしい思いをしたくない、というところから、最近熟年でも包茎手術を行なう人が増えていると聞き、自分も受けるべきか悩んでいるようです。

『私は今、仮性包茎について悩んでいます。年上の友人から「最近、熟年男性で包茎手術を受ける人が増えているらしい」という話を聞いたのです。年をとって介護されるようになり、看護師さんや介護士さんが女性だった場合、見られるのが恥ずかしいから手術をするのだとのこと。それを聞いて、とても他人事だとは思えなくなりました。けれど、この年になって手術を受けるのも恥ずかしいし、二の足を踏んでしまうのです。やはり手術した方が良いでしょうか。それともそんな必要はないでしょうか。また、手術するとした場合、どういうクリニックを選べば安心なのかも教えていただきたいと思っています。』

恥ずかしいという理由だけなら、手術の必要はありません。

毎日のように、何十人という患者さんのお世話をされている看護師さんや介護士さんにとっては、仮性包茎かどうかなど、気にもしませんし、考える余裕もないようです。

『私は手術は必要ないと思います。患者さんのお下のお世話はこれまでたくさんしてきましたが、この人は包茎だと気にしてオムツ交換などはしませんし、覚えてもいません。また、看護師同士の話題にもなりませんし、今まで聞いたこともありません。看護師は常に患者さんの生命に関わる仕事を行っており、そんなことを考える余裕はないように思います。なので安心して下さい。(看護師)』

『仮性包茎は、一般的に手術はしません。毎日、恥垢が溜まりやすいですから、きちんと亀頭を出して綺麗に洗って下さい。日本人の60%は仮性包茎と言われています。珍しいものでもありませんし、だからと言って話題にするものでもありませんので、先々のご心配は無用かと思います。(看護師)』

『介護されるときに心配という理由だけでしたら、手術する必要はないと思います。(看護師)』

手術される場合は泌尿器科、もしくは美容外科の専門クリニックへ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
オトコクラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング