学生のころから悩ましい包茎……手術した方がいい?

オトコクラス / 2014年10月22日 20時0分

写真

日本人男性の多くが悩んでいるといわれている包茎。特に痛みもなく、日常生活に支障がない人もいますが、それでも手術をした方がいいという声も聞かれます。実際はどうなのでしょうか?さしあたって不便を感じていない場合でも手術はした方がいいのでしょうか?

30代男性からの相談:「包茎の手術に関して」

『中学の頃から包茎で悩んでいます。剥く時に痛みなどはなく、正直、普段の生活で不便を感じたことはありません。性行為の時に皮の部分が切れやすかったり、血が出てただれたりしたことはあります。しかし、手術で治療とまでは考えたことがありません。包茎のままでは不衛生などという情報も耳にしたことがありますが、根本的に治療をしたほうがよいでしょうか?』

衛生面を考慮し手術の検討も。アカがたまりやすいため、病気になるリスク高し。

衛生面を考えると手術をした方がいいようです。問題は包茎そのものよりも、アカがたまりやすく清潔に保ちにくい点です。雑菌が入りやすいため、包皮炎や性病にかかる割合が高いとのこと。セックスの時には相手にも悪影響を与えてしまう可能性もあります。

『結論からお伝えすると包茎はそのままにしておかない方がいいと思います。包皮の部分にたまった恥垢というものは不潔ですし、放置したら包皮炎を起こす事もあります。 将来そのままでも勃起や射精などの機能は問題ないとは思いますが、性行為の時に出血や痛みがあって性行為を中断したりすれば、せっかくの性行為もしらけてしまいます。 また恥垢は子宮頸癌を発生させる事もあるので、大切な人を危険にさらしてしまいます。 出血などの症状があれば早めに受診し、治療する事をお勧めいたします。(看護師)』

『同じ悩みを抱えている日本人男性はたくさんいらっしゃると思いますが、やはり手術を考えられた方がいいのではないかと思います。 包茎自体は日常生活に問題がないのなら支障がないのですが、きちんと清潔にできるかどうかが重要です。恥垢(アカ)がたまってそこからばい菌が入ったり、セックスの時に相手にばい菌をあげてしまうこともあります。セックスの時に出血したりただれたりするということは、そこから菌が入りやすく性病にかかる可能性が高くなるということです。 手術はちょっと、という気持ちもわかりますが、リスクがある以上、手術を検討された方がよいと思います。ご参考にしていたければ幸いです。(看護師)』

現状、全く支障がなければ、手術に踏み切るのはなかなか勇気がいるものですが、衛生面を考えると、手術の検討もした方がよいようです。自分が病気にならないためばかりではなく、大事なパートナーを病気から守ることにもなります。まずは医師に相談してみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

オトコクラス

トピックスRSS

ランキング