薄毛治療は何をするの?育毛サロンとの違いを教えて!

オトコクラス / 2014年12月26日 20時0分

写真

クリニックではどのような薄毛の治療をするのか、育毛サロンとの違いは何か。しっかりと理解していない人もいるのではないでしょうか?今回の相談は病院治療についてです。実際にはどのような治療を行っているのでしょうか?

40代男性からの相談:「病院での薄毛治療はどんなことをしますか?」

病院での薄毛治療はどのようなことをするのか興味があります。

『最近は薄毛を治療するという方法があると聞きました。自分の薄毛が治療によって治るというイメージが出来ないのですが、病院の治療はどのようなことをするのでしょう。サロンとの違いを教えてください。』

育毛サロンとクリニックの違いは薬剤の使用の有無です

育毛サロンでは医師がおらず薬剤が使用できないため積極的な治療は出来ません。

『医療機関以外のサロンでは、内服薬及び外用薬の使用は一切できません。育毛サロンで行っていることは頭皮の血流改善による育毛効果を期待しての頭皮マッサージや、毛穴の皮脂詰りを改善したり育毛効果を期待してのシャンプーなどです。また頭皮の乾燥を改善して毛根への栄養を届ける、という目的で医薬成分を含まないクリーム等の使用はサロンでも可能です。(看護師)』

看護師さん曰く育毛は育毛サロン、発毛を目指すのがクリニックということです。

『育毛サロンの行っていることはあくまで「育毛」であって、「発毛」ではありません。「育毛」は今ある成長期の毛を太く強く育て、今ある毛が早く抜けることの無いように、環境改善するのが目的です。医療機関での治療は、育毛もさることながら、「発毛」に目的があります。そこが大きな違いです。(看護師)』

クリニックでの治療は内服薬や外用薬を使用が中心です。

発毛専門のクリニックではカウンセリングによって、自身にあった適切な治療を行ってもらえます。治療方法も内服などのほか、ホルモン剤注入などクリニックならではの方法が多いです。

『クリニックでの治療は、病院によりますが、まずはカウンセリングで、生活習慣や食生活、遺伝などが聞かれます。そのあと、髪の質や量、頭皮の状態を調べます。内服薬及び外用薬で治療を行います。その他、髪の状態や患者さんの希望により、頭皮の血行をよくするために、マッサージをしたり、頭皮にホルモン剤を注入したりすることがあります。内服開始後は、定期的に処方してもらいに行き、効果確認という感じです。(看護師)』

薄毛専門のクリニックは保険適応でない場合もあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
オトコクラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング