マンネリ化はNG!セフレの関係を長続きさせる方法

オトコクラス / 2017年12月25日 20時0分

写真

「俺、今セフレが5人くらいいるんだよね~」
世の中は不公平にできていると思いませんか。
はたから見ると、別にかっこよくもない、可愛くもない男女がたくさんのセフレを保持しているのです。
自分の方が頭もいいしスポーツもできるし、なんなら顔だっていいのに。
一体、セフレが途切れない人と何が違うのでしょうか。
今回は、「セフレと長続きする方法」についてお伝えします!

(1)たまに外デートをする

セフレを、ただヤるだけの関係だと思っていませんか。
そんなことはありませんよね。
たしかにお互い都合のいい関係かもしれませんが、当然感情を持っています。
会えばいつもホテルに行くだけ。
今日はお金が無いからどちらかの家で。
これだけだとさすがにマンネリ化してしまいます。
たまには恋人のような感覚で、公園を散歩したり、おいしいディナーを食べに行ってはいかがでしょうか。
お互いの新たな一面が見つかるかもしれませんよ。

(2)あまり連絡はしない

セフレで重要なのは、しつこくないことですね。
あっさりした関係性を許しあえるので、長続きするのです。
自分がさみしいからとか、ただ暇だからといって自分の都合ばかり言っていると、相手は離れていってしまいます。
相手の気持ちをしっかりと理解しようとする姿勢が大切ですね。

(3)たまに非日常を見せてあげる

セフレと夜の回数を重ねるにつれ、だんだんと非日常だった事が日常に感じてくるようになります。
普段していないことを、時々でいいのでしてあげるようにしましょう。
例えば、ホテルの帰りにドライブをして、きれいな夜景を見せてあげると
「やっぱりこの人、素敵だな」
と思わせることが出来ますね。
ちょっとした事の積み重ねが、長い付き合いを生むのです。

(4)甘い言葉で繋ぎ止める

いつも通りに会い、いつも通り事を済ませれば、はいさようならではいけませんね。
お互い欲しがるセリフを理解していると思いますので、恥ずかしがらずに言ってあげましょう。
「今日は格別に最高だったよ」
など、ありきたりな言葉でいいのです。
その言葉で、相手を心まで包み込んであげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
セフレを長続きさせるためには、相手の事を物扱いせず一人の人間として大切にしてあげる事が重要ですね。
たまには恋人のような時間を過ごしてみたり、思いがけないサプライズをしてみるのもいいでしょう。
相手を大切にするという気持ちさえあれば、長く付き合うことができます。
ぜひ実践してみてください!
(文/オトコクラス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング