お姫様抱っこ?お出迎え?女性が憧れる「お姫様扱い」とは?

オトコクラス / 2017年12月24日 20時0分

写真

「お姫様のように、一度でいいから扱ってもらいたい」
そんな幻想を抱いている女性は多いことでしょう。
しかし、それは漫画やドラマ、映画の主人公の話。
実際はそんな風に扱ってもらえる女性は多くありません。
今回は、女性が憧れるお姫様扱いについてお伝えします。

(1)毎日のように褒める

「今日もキレイだね」
まるで挨拶であるかのように、女性を褒めます。
こういうセリフは歯が浮きそうなものですが、お姫様扱いを自然にできる人は難なく言うことができるのです。
褒めるとき、わざとらしく聞こえないよう、笑顔でかつ目を見て女性に言うのです。
こんな事を毎日されると、女性はとても嬉しいですね。

(2)レディファーストされる

どんな時でもレディファーストです。
お店に入るとき手動ドアの場合、ドアがとても重い時がありますよね。
男性が先にドアを開けて女性をエスコートします。
大抵の場合は、男性がお店を予約していますので、素早く席までエスコートできるように動きます。
また、料理の取り分け等は女性がすることが多いのですが、レディファーストを心がけている男性は、料理の取り分けまでやります。
常に女性を一番に考えてくれる男性に、女性はうっとりするでしょう。

(3)一途に思ってくれる

お姫様扱いということは、お姫様のことしか考えていないのです。
そうすると、浮気などはするわけがありませんよね。
お姫様の幸せが自分の幸せ。
お姫様の幸せを壊すということは、自分の幸せを壊すことになるのです。
そんな自傷行為はしませんよね。
自分のことだけを考えてくれる存在がいるということは、なんて幸せなことでしょう。

(4)わがままを聞いてくれる

お姫様はわがままな性格をしています。
わがままだからこそ魅力があるといえるでしょう。
お姫様扱いが出来る男性は、少しM要素があるのかもしれませんね。
お姫様のわがままは自分に対する信頼の証。
わがままを言ってくれるほど嬉しくなるのです。
そんな気持ちで過ごしているので、わがままを聞いても嫌な気持ちにはなりません。
優しく包み込むような瞳で聞いてくれるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この記事を見て
「一日でいいからお姫様扱いをされてみたい」
そんな気持ちになったのではないでしょうか。
近年では、肉食系男子が減り、優しい男性が増えている傾向にあります。
誕生日プレゼントとして、一日だけお姫様体験を提案すると、優しく対応してくれる男性もいるのではないでしょうか。
ぜひ、お姫様扱いをされたい方は、男性におねだりしてみてください!
また、男性の場合は女性にお姫様扱いをしてあげると、より関係が深まるでしょう!
(文/オトコクラス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング