杉浦太陽、5人目に含み「ないとは言えないです」 「イクメン オブ ザ イヤー」受賞

オトナンサー / 2019年10月15日 16時48分

 俳優の杉浦太陽さんが10月15日、都内で行われた「イクメン オブ ザ イヤー2019」に出席しました。

 2007年6月にモーニング娘。OGでタレントの辻希美さんと結婚した杉浦さんは「イクメン一般選出部門」(明治安田生命調べ)を受賞し、3度目の受賞について、「上から(小学)6年生、3年生、1年生、そして10カ月の子どもがいます。6人家族で仲良くにぎやかになっています。3回目の受賞となり恐縮ですけども光栄です」とあいさつ。

 長年、イクメンのイメージを持たれていることに、「いい感じに次の子ができるんですよね」としつつ、「夫婦仲がいいのが一番ですので、妻に感謝です」と妻への思いを告白。5人目の子どもの可能性について、「3人目のときも『4人はないです』と言ってきたので分かりません。ないとは言えないです」と含みを持たせました。

 12歳の長女は現在、思春期だといい、「女の子は急に距離ができる時期がある。父親としてはもどかしい時期です」と吐露。「身長は妻よりも大きい。一緒にユニットを組んだら面白いなとか、いろんな想像をしますね。希空(のあ)ちゃんのんちゃんみたいな」と夢を語りました。

 その他、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明さんが「知育メン部門」、アンガールズの山根良顕さんが「イクメン芸人部門」、プロ野球・巨人前監督の高橋由伸さんが「イクメンスポーツ部門」、YouTuberのSEIKINさんが「イクメン動画クリエイター部門」をそれぞれ受賞しました。

オトナンサー編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング