都道府県魅力度ランキング、栃木最下位に「納得いかない」の声も…県の反応は? そもそも目的って…?

オトナンサー / 2020年10月28日 6時10分

 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都港区)が2020年の「都道府県魅力度ランキング」を10月14日に発表しました。2019年まで7年連続最下位だった茨城県が42位に上昇した一方、栃木県が最下位となり、ネット上では「納得いかない」「なぜ栃木が最下位?」「ランキングにすること?」などの声が寄せられています。調査の目的について同社に、結果の受け止めについて栃木、茨城の担当者にそれぞれ聞きました。

■魅力が伝わっていない現状の認識を

 まず、同社社長の田中章雄さんに聞きました。

Q.「都道府県魅力度ランキング」の開始時期、目的について教えてください。

田中さん「まず、2006年に市区町村別のランキングの調査を始め、その後、2009年から都道府県別のランキングの調査も始めました。2005年にピークを迎えた市町村合併において、各市町村がどの程度知られ、どのようなイメージを持たれ、それが地域の魅力につながっているかを数字で把握してもらい、地域活性化の取り組みにつなげてもらうため実施しました。

各地域とも、『住めば都』などと自分たちの地域をとてもよい地域だと思い込んでいますが、『誰に対して、どのような魅力がどの程度知られていないか』を知らなければ、戦略の立てようがありません」

Q.ランキングはどのように集計しているのでしょうか。

田中さん「全国450万人の調査モニターから、地域別、年代別、男女別にほぼ均等となるように抽出を行い、インターネットで調査しています。回答は日本の人口の縮図となるよう、『ウエートバック集計』という手法で統計処理しています」

Q.日光や水戸などの観光資源、特産の食べ物が充実しているにもかかわらず、例年、北関東の県がランキング下位に沈む傾向があります。なぜでしょうか。

田中さん「市区町村別のランキングで日光市は全国13位ですが、都道府県別で栃木県は47位です。これは、日光東照宮などの観光地を栃木県の魅力の構成要素として認識していない人が多いことを意味します。同様に『メロンの生産量が全国一』など多くのよさがある茨城県の順位が低いのも、それらが茨城の魅力として十分に認識されていないことが要因です」

Q.ランキングの結果を目標にする自治体もあります。

田中さん「現在、全国でおよそ400の自治体が当社のデータを指標などに活用しています」

Q.栃木が最下位ということにネット上で驚きや疑問の声が上がっているほか、自治体関係者からも「ランキングは魅力の実態を十分に反映していない」といった意見が出ています。

田中さん「自分たちの魅力が消費者に伝わっていないことをしっかりと認識すべきだと思います。消費者視点の結果である、このランキングをしっかりと受け止め、各地域で活性化のための指標として活用していただきたいと思います」

Q.2021年以降も継続する予定でしょうか。調査方法や発表方法を見直す可能性は。

田中さん「来年以降も続ける予定です。調査方法は基本的に変更しませんが、例年、調査項目の一部を時世に合わせて少しずつ変更しています」

■栃木県の見解は?

 栃木県はランキング最下位をどう捉えているのでしょうか。県とちぎブランド戦略室の担当者に聞きました。

Q.「都道府県魅力度ランキング」の結果をどのように捉えていますか。

担当者「この調査は『地域ブランド調査』という84項目からなるもので、『魅力度』は84項目の一つにすぎません。『魅力度』の他にも、『観光意欲度』や『居住意欲度』『産品購入意欲度』などの調査項目がありますが、メディアでほとんど報じられず、『魅力度』の順位だけが注目され、これが各都道府県の総合的な評価のように多くの人が誤解しています。この結果が、栃木県の魅力の実態を十分反映しているとは考えていません」

Q.「2020年までに25位以内」を目標にしていたようですが、県にとって、このランキングは重要なのでしょうか。

担当者「2015年に県の『ブランド取り組み方針』を策定するにあたり、当時はブランド関連指標で、全国比較が可能な指標がよいと考え、魅力度順位25位を目標にしました。しかし、外部の有識者から、『魅力度順位』では観光誘客や県産品の販売、移住定住の促進など県の活性化との因果関係が検証できないことから、より具体的で客観的な指標を設定すべきだとの意見が出ました。

今後は、より適正な指標の設定について検討するとともに、この調査結果についてはブランドに関するさまざまな調査の一つとして受け止め、順位を上げることに特化した取り組みは行いません」

Q.栃木県の強みについて教えてください。また、新型コロナウイルスの流行後、都内から栃木県への移住を検討する人は増えているのでしょうか。

担当者「栃木県には、中禅寺湖や華厳(けごん)の滝、那須高原といった貴重で美しい自然があり、世界遺産の日光東照宮などを含めて日光国立公園に指定されています。また、温泉(鬼怒川温泉、塩原温泉等)、『宇都宮餃子』、収穫量日本一のイチゴといったおいしい食べ物などの魅力的な地域資源もあります。このほか、内閣府が10月14日に発表した『県民経済計算』(2017年度)で、栃木県は1人当たりの県民所得が全国3位となるなど、魅力と実力を兼ね備えた県だと思います。

栃木県には、首都圏に隣接した地理的優位性や恵まれた住環境があり、コロナ禍において、東京都の移住相談窓口における相談が増えています。相談者と県内市町村担当者とがオンラインでより具体的な相談ができるよう、新たにオンライン相談事業に取り組むなど事業の充実を図っています」

Q.県の魅力向上へ、どのような取り組みを重視しますか。

担当者「『消費者に選ばれる県産品づくり』『強みを生かした観光地づくり』『移住・定住につながる地域づくり』を重点分野として、栃木県の本当の魅力を多くの人に知っていただくための効果的な施策展開を検討します」

■最下位を脱出した茨城は?

 続いて、茨城県営業戦略部プロモーションチームの担当者に聞きました。

Q.「都道府県魅力度ランキング」の結果をどう捉えていますか。

担当者「今回は42位でしたが、本来なら、もっと上位でもおかしくありません。内閣府が発表した2017年度の『県民経済計算』で、茨城県の1人当たり県民所得は全国7位、名目経済成長率と実質経済成長率は全国1位でした。茨城県は豊かで潜在能力が高いといえます。

魅力度ランキングにおける魅力度は『その地域にどの程度魅力を感じるか』という1行だけの設問のイメージ調査であり、回答者が何を魅力と捉えているのか分かりません。『最下位の方が宣伝効果があっておいしかった』という反応も一部あったようですが、それは茨城県の魅力を十分理解している人の意見だと思います。理解がまだ十分ではない子どもや若い人たちにとっては、昨年までの『魅力度最下位の茨城県』という不名誉なレッテルが貼られ続けるのはよくないと思います。

なお、県ではランキングの上昇を目的とした施策は取っておらず、数値目標にしていません」

Q.茨城県の強みと今後の取り組み方針を聞かせてください。

担当者「観光資源としては、日本三名園の『偕楽(かいらく)園』や、ネモフィラ、コキアがきれいな『ひたち海浜公園』などがあります。また、コロナ禍でアウトドアが注目されている中、2019年に『ナショナルサイクルルート』(全国3カ所のみ)に指定された『つくば霞ヶ浦りんりんロード』をはじめとしたサイクリングコースや日本一の施設数を誇るキャンプ場などアウトドア環境も優れています。食べ物も全国3位の農業産出額を誇り、メロン、干しいもなど生産量が全国1位の品目も多いです。

今後は日帰り観光だけでなく、周遊や宿泊などである程度長い時間を茨城で過ごしていただけるような観光資源を整備していくことが、首都圏を中心とした多くの人たちの認知を高めていくために有効だと捉えています。県内のアウトドアの魅力をより発信することも重要ですし、食べ物の面では、県がトップブランド化を目指しているナシの『恵水(けいすい)』や豚肉の『常陸(ひたち)の輝き』を積極的に売り込んでいきたいです」

オトナンサー編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング