バターコーヒーダイエットを始める人が絶対知るべき「よくある4つの間違い」

OTONA SALONE / 2019年3月6日 20時0分

こんにちは、ダイエット研究家の三浦卓也です。

 

先日、ノンストップでバターコーヒーが取り上げられてましたね。テレビの影響力は、バターコーヒーの検索数を探ってみると、すごくてギューン!ってなってました。

 

スゴイことになってんぞ!!!

Googleの検索数がえらいことに。

 

スゴイことに!と思いながらTwitterを見てると『あ、勘違いしてる』という人を散見したので

 

ここオトナサローネにて、バターコーヒーダイエットをするときに、よくある間違いをまとめてみました。

 

これでアナタもバターコーヒーダイエッター!!!!!

 

まずバターコーヒーについておさらいをします

バターコーヒーとはシリコンバレーの起業家デイブアスプリー氏が開発をしたバターを入れたコーヒー。デイブ氏自身もダイエットに取り組み、50kgの減量に成功したそうです。

 

デイブアスプリー氏はバターコーヒーを開発するまでに3000万円ほどを色んなダイエットを試しながら投資して、自分の体を実験台にして、バターコーヒーという方法を見つけたとのこと。

 

『へー!すごい痩せてる!じゃあわたしも家のバターをコーヒーに入れてダイエットをしなきゃ!』と思った、せっかちさんは、もうちょっと聞いてください。

 

書籍に書かれているバターコーヒーの作り方(ざっくり)

 

バターコーヒーの作り方は、カラダに炎症を起こしづらい、カビの少ないコーヒー豆から、スペシャリテコーヒーを作り、そこにグラスフェッドバター、MCTオイル、ギーバターを入れて、撹拌(油と水分が混ざるレベルで混ぜる)して作るというもの。

 

バターコーヒーによって、満腹ホルモンであるレプチンをコントロールし、食べる量をコントロールしやすくなる、いわゆる食欲を減退させてくれるとのこと。

 

またMCTオイルは、すぐにエネルギーになり、脂肪の分解を促進してくれると言われています。

 

要するに

 

バターコーヒーを飲むことでホルモンによる空腹感をコントロールして、食事量を減らすサポートをしてくれて、且つ脂肪をエネルギーに変えてくれるため、ダイエットになる。

 

というロジックです。

※詳しくは小難しいけど書籍を読んでみてね。

話題のバターコーヒーの書籍はコレ

 

ぼく、ダイエット研究家も痩せました

実際に僕もバターコーヒーダイエットを含めた、独自のダイエットをすることで、7kgの減量に成功しました。

僕のオリジナルのルールは以下の通り

ルール1.無糖ヨーグルトファースト

ルール2.バターコーヒーを飲む →僕の愛用品はコレ

ルール3.海藻・キノコ類を積極的に食べる

ルール4.半端な断食は厳禁!3食必ず食べる

ルール5.量はあまり気にしない。糖質量を気にする

ルール6.カーボラスト・米やパン、餅は最後に食べる

ルール7.食後に20分歩く

バターコーヒーは今も続けてるほど好きなので、よく友人との話題に上がるのですが『よくある間違いがあります。』

 

1.朝ごはんと一緒に飲んでしまう

 

バターコーヒーは朝ごはんの置き換えとして飲むもの。朝ごはんに加えると糖質に加えて脂質もプラスしすぎることになるのでNG。

朝ごはんに多い、ごはんやパンは糖質です。糖質は脳や体のエネルギーになりますが、摂りすぎると中性脂肪になります。

なので、朝ごはんで糖質を摂って、脂質の多いバターコーヒーを飲むと脂肪が溜まります。なので、バターコーヒーダイエットするなら、朝にバターコーヒーだけを飲みましょう。

 

2.バターコーヒーを飲んでもお腹が空くのでやめた

バターコーヒーやってみたものの、結局お腹が空いてイライラするので、やめてしまったというパターン。

僕も体験しましたが、最初はどんな置き換えでもお腹は空きます。理由は食べすぎに慣れているから。

 

単純にエネルギーが足りないと脳が勘違いして、お腹が空くように錯覚するんです。

バターコーヒーは3日から1週間続けたら、朝ごはんなしでも全然大丈夫になります。むしろ食べる量も減ります。 ※個人差あり。

なのでバターコーヒー試してみて、すぐに実感がないから、とすぐやめるのはオススメしません。まず1週間は続けてみましょ!

 

3.夜の時間帯にバターコーヒーを飲む

バターコーヒーの書籍では、睡眠もダイエットに凄く重要と書いています。

んで、コーヒーはカフェインが入っており、目を覚ませる効果があるので、睡眠前に飲むことに適していません。

基本バターコーヒーの概念はホルモンによる空腹感コントロールで摂取糖質量とカロリーを減らして、ダイエットになる。というもの。

なので、飲んじゃいけない。というルールは無いんですが、個人的にも睡眠は凄く大事だと思ってるので夜に飲むのはオススメしません。

 

4.砂糖を入れて飲む

ブラックコーヒー飲めないけどバターコーヒーを飲みたい!から砂糖を入れる!のはNGです。

バターコーヒーダイエットに含まれる概念として、摂取する糖質量を減らして、脂質を増やすことで、脂肪燃焼を促進し、体内のケトン体を増やす。

というものがあるので、砂糖みたいなTHE糖質を摂取するのはダメです。バターコーヒーはあくまでブラックで飲みましょう。

※ケトン体はググってみてね。

 

バターコーヒーは凄い飲み物やで(※個人談)

View this post on Instagram

2019年の三浦の最初の仕事はライターとしての執筆業でした。 主婦の友社さんが運営されている『大人サローネ』というWebメディアがありまして、そちらの方でダイエットに関する連載を開始させていただくことになりました。 ▼2019年の抱負です http://bit.ly/2CRI6tX ▼店長の連載はコチラ http://bit.ly/2CSmbCY 正月太りが気になる人は 是非読んでください〜🎉 #大人サローネ #正月太り #正月太り解消 #ダイエット研究家 #チャコールバターコーヒー #バターコーヒー #完全無欠コーヒー #バターコーヒーライフ #ロカボ #ロカボダイエット #糖質制限 #糖質制限ダイエット #低糖質 #糖質オフ #ローカーボ #ローカーボダイエット #ボディメイク #mct #mctオイル #mctオイルダイエット

A post shared by バターコーヒーのLICKART/リックアート (@lickart) on

僕自身もバターコーヒーダイエッターなのでバターコーヒーダイエットの凄さは体感しています。

なので、オススメしたい。

 

しかし、逆にバターコーヒーだけでは痩せないというのもわかってます。

 

テレビでは『バターコーヒーは飲むダケで痩せる!』みたいなことを話してますが、ダイエット系の話については『〇〇するダケで痩せる』っていうのはあり得ません。

 

一番大事なのは『適切な方法で実践する』ということなので、

 

ダイエットをしたい!と考えている人は是非、1度アスプリー氏の書籍を手にとり、バターコーヒーを試してみてはいかがでしょうか?

(ただ読むのしんどい系の本なので、気合を入れて読みましょう。)

バターコーヒーをミキサーで混ぜるとたまにこうなる。

以上。

 

≪ダイエット研究家 三浦卓也さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング