男性が「二度とゴメン」と思ったマッチングアプリで出会った40代独女とのデートって?

OTONA SALONE / 2019年8月13日 22時0分

出会いの場として選択肢の一つになっている、マッチングアプリ。

好みの異性を見つけたい人には手軽に利用できるのがメリットですが、その反面、「実際に会ってみたらがっかり」なんてこともあるのが難しいですね。

実際にマッチングアプリで出会った女性と「もう二度と会いたくない!」と思うデートを体験した男性たちに話を聞くと、そこには「会ってみないとわからないリアル」が。

どんなデートだったのか、エピソードを聞いてみました。

 

え、「友達同伴」?

「周りはみんな結婚していて独身の人がおらず、マッチングアプリで気の合う人を探していました。

何人かいいなと思う女性がいて、やり取りを続けていたらバツイチでアラフォーの人から『今度、食事に行きませんか?』と誘われました。

女性から声をかけるのって勇気がいると思うから、誘ってくれて嬉しいな、とそのときはすぐ『行きましょう』と返事をしたのですが……。

お店を決めて、いざ当日向かっていたら、直前になって女性から『友達も一緒でいいですか?』ってメッセージが来てびっくりしました。

そのときのお店はちょっと高めのレストランで、確か『ふたりでゆっくりおしゃべりしながら過ごしたいですね』って話したはずなのに。

が、今さらダメと言うわけにもいかず、とりあえず『構いませんよ』と返事をしたら、本当にふたりでやってきました。

いきなり初対面の女性が二人、その人だけならアプリで盛り上がった話題も出せたのに、気を使うばかりでしんどかったですね。

初めて会うっていうタイミングでどうして友達を連れてこれるのか、完全にテンションが下がってそのままフェードアウトしました」(42歳/営業)

 

★ 「初めて会うときにほかの人を連れてくる」女性の話はたまに耳にするのですが、相手の男性がどんな気持ちになるか、想像できないのでしょうか……。

「ふたりで会おう」と約束したにも関わらず直前になって「友達同伴」、これではリラックスして会話を楽しむこともできませんよね。

こちらの男性は、「最初から誰かを連れてくるつもりで食事に誘ったのかも」と話していましたが、そんな”だまし討ち”のようなことをする40代独女は、決して男性から好かれることはありません。

 

いきなり「お財布」の確認って・・・

「いわゆる”バリキャリ”と呼ばれる年上の女性とマッチングアプリで知り合いました。

たまたま趣味が同じで、『仕事も大好きだけどたまには息抜きしたくて』という彼女とそっちの話で盛り上がり、楽しいやり取りができていたのですが。

ある日仕事が終わったあとで軽く飲みに行こうって話になり、雰囲気のいい個室の居酒屋を俺が予約、どんな人だろうとドキドキして待っていました。

『遅くなってごめんなさい』と言いながら入ってきた彼女は綺麗な人で、マッチングアプリを使わなくてもモテそうだな、と思ったのが第一印象です。

が、挨拶をして最初の注文が終わっていざ話そうとなったとき。

『いきなりで悪いのだけど、お財布を見せてくれる?

と言われました。

どうしてお財布!? とびっくりしていたら、

『使っているお財布にその人の人間性が出るのよ。

人前に出せないようなものを持っている男はダメ』

って、何だかいきなり品定めに入られたようで、一気にテンションが下がりました。

『どんなものを使うかは好みですよね』って見せるのは断ったのですが、こうやって失礼な言葉を平気で言えるから誰とも付き合えないのだな、と納得。

アプリで話しているときはこんな人とは思わなかったので、ショックが大きかったです……」(36歳/販売)

 

★ 「使っているお財布を見せて」って、初対面の人に言うのか……と引いてしまったのがこちらのケース。

「人前に出せないようなものを持っている男はダメ」と思うのは自由ですが、価値観を一方的に押し付けられてもこちらがそれに従う理由はないですよね。

確かにアプリの中では仲良くなれたかもしれませんが、リアルでも親しくなれるかどうかはまた別の話だな、としみじみ思いました。

個人的な情報の詰まったものを簡単に要求するのは、大きなマナー違反です。

 

二回目のデートで「旅行の話」はないんじゃない?

「二度と会わない、と思ったデートは、二回目のデートで『旅行に行きませんか?』と誘われたときですね。

最初に会ったときもそれからも、いい距離感で話せていたのでそれは良かったのですが、旅行ってすごく仲良しの人と行くのが俺のイメージだしまだ早いなと思って。

正直、付き合うことにもなってないし手も触れてないような今の関係で旅行って、違和感しかありませんでした。

食事中にタブレットを出してきて、『こことか今の季節はオススメですよ』ってどんどん話を進めるから、

『旅行はまだ早くない?

もうちょっと仲良くなれてからのほうが俺は嬉しいんだけど……』

と言ったら

仲良くなるための旅行じゃないですか!』

って即答されて、ああこれは合わないなと思いました。

俺に行く気がないとわかったら途端に不機嫌になって、『つまらない』って言われたのがとどめでしたね。

友達には『旅行代を出してもらうつもりだったんじゃない?』と言われましたが、それが本当なら怖すぎる」(44歳/総務)

 

★ 彼氏ではなく、まして友人としてもまだそこまで深いつながりのない人を旅行に誘うのって、勇気のいることじゃないの? と違和感を覚えたのがこちら。

「軽々しく男を誘えるのがドン引きだった」と男性は話していましたが、そんな自分がどう思われるか、を考えていないといえます。

そして何より、叶わないとわかって「つまらない」と言えてしまうのは、自分のことしか頭にない証拠です。

確かに次はないわ、と納得したこのエピソード、距離感のわからない女性はいい縁も逃すことを肝に銘じておきたいですね。

 

 

どんな場であれ、せっかく出会えたのならいい関係を築いていきたいと思うのは男性も同じです。

そんな気持ちを無駄にしてしまう40代独女の振る舞いは、マッチングアプリでなくても気をつけたいところ。

お互いに居心地のいい関係を育てていくには、相手の気持ちを思いやる姿勢が欠かせません。

 

≪恋愛相談家 ひろたかおりさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング