大人なら覚えておきたい! 紅茶を飲むとき、ソーサーは持つ? 持たない? 【オトナの常識#24】

OTONA SALONE / 2019年10月29日 20時0分

いつも何気なく飲んでいる紅茶やコーヒー。それが、あなたの株を下げているかも!? 恥をかかないエレガントマナーを覚えておきましょう。

問題 紅茶を飲むとき、ソーサーは持つ? 持たない?

A.ソーサーは持たずに飲む
B.ソーサーを持って飲む
C.状況に応じて

正解 C.基本は「持たない」ですが、状況に応じて持ったほうがいい場合も

紅茶はもちろん、コーヒーも、基本的にはソーサー(受け皿)は手に持たず、カップだけを持って飲みます。カップを持つ手に決まりはありませんが、右手で持つ人が大半です。
ただし、ソファとテーブルが離れているなど、カップを取ったり置いたりがしにくときは、ソーサーをひざの上に置いて。ソーサーに片手を添え、片手でカップを持ち上げて飲みます。また、立食のときはソーサーを持って飲みましょう。
カップは持ち手に指を入れず、指でつまむようにして持つとエレガントです。

お茶もお菓子も遠慮せず

人の家へ招かれたとき、「紅茶とコーヒーのどちらがいいですか」「お砂糖は?」などと好みを聞かれることがありますよね。
「どちらでも」では、相手は困ってしまいます。素直に好みを伝えるのが大人のお付き合い術であり、思いやりです。
また、一緒に出されたお菓子は「いただきます」と遠慮なくいただきましょう。
そして、手をつけたお菓子は残さず食べてください。手をつけたものを残すのはマナー違反だし、「口にあわなかったかしら」と相手は心配してしまいます。
もちろん、食べ終わったら「ごちそうさまでした」の言葉も忘れずに。
食べきれないようでしたら最初から手をつけず、「食事したばかりですので」などと食べない理由を伝えます。「持ち帰ってもよろしいですか」と断って、懐紙などに包んで持ち帰るのもよいでしょう。

 

≪現代礼法研究所主宰 岩下宣子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング