今すぐやめて!コンビニの炭水化物ランチで「腸がカビだらけ」に?【50歳になる前にやめること#2】

OTONA SALONE / 2019年10月26日 16時0分

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。

 

私は、幼い頃から病気で苦しむ母親の姿をみて、人生を思う存分に謳歌する為には、健康な心身を維持することが不可欠だと痛感し、医師人生を通して日常でできるヘルスケアを啓蒙するようになりました。

 

この連載では、人生100年時代の折り返し地点、50歳になる前にやめたい悪習慣についてお伝えしていきます。

 

今回は、女性がやりがちな食習慣の怖いお話です。

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」#2

 

女性がコンビニで選ぶランチは「炭水化物オンリー」になりがち

ランチタイムのチョイスは、パン、パスタやうどんなどの麺類、おにぎり。働く女性のつかの間のランチタイムや、自分のためだけだからと手を抜きがちな主婦のランチタイムは、とかく、炭水化物に傾きがち。

 

お手軽だし、何より、美味しいんだもん!

 

それが、本音ですね。

さらに、お昼なら太りづらいからOK!と自分に許すスイーツを追加しようものなら、もう「糖質祭り」です。

炭水化物が「やめられない、止まらない」のはなぜ?

かく言う私も、そもそもは炭水化物・糖質ラバー。

お肉はなくても、炭水化物さえあれば生きていけてしまいます。

それに、あんこものも大好きですから、最盛期は、食パン一斤、赤福餅1箱をペロリと美味しく頂いていた時期が、ええ、ありましたね。

 

やめられない止まらないは、皆さんご経験済みかと思います。

 

そう、依存症になるのですよ。

 

食べたら、もっともっと食べたくなります。やたらに、お腹も空きやすくなって食欲も上がります。

 

しまいには、渇望レベルに欲するようになり、それ無しには生きていけなくなります。

 

「腸内のカビ」が脳の誤作動を引き起こす

実は、炭水化物・糖質中心の食事は、腸内のカビ・カンジダ菌が喜ぶエサになります。

 

カンジダといえば、女性の膣の病気というイメージですが、実は誰の腸内にも暮らしています。普段は大人しい酵母カビの一種なのですが、大好物の炭水化物をたくさん与えられると、悪玉菌化して、腸内で大繁殖します。

 

このカンジダ菌が依存症をもたらす原因になります。

 

カンジダ菌が分泌する物質が、体内で低血糖を引き起こし、細胞でエネルギーを作ることを妨害します。すると、体が電池切れのような状態になります。

 

食後に、体が怠い、重い、疲れやすい、頭が回らないなどの症状がサインです。

 

すると、脳が、

電池切れ!
→生命の危機!
→もっとエネルギー源を補給しなきゃ!
→糖質を摂らなきゃ!

という誤った指令を送り、さっき食べたばかりなのに、もっと炭水化物・糖質が摂りたくなる負の依存スパイラルを引き起こしてしまうのです。

 

依存症からの脱却方法は?

これを回避するには、炭水化物・糖質だけのランチをまずやめること。

 

どちらかといえば、おかずをモリモリ食べてお腹いっぱいにしてから、主食は最後に、ご飯1杯程度まで。

 

食物繊維が少ない白い穀物、つまり、白米やパスタ、うどん、白いパンなどは、血糖値が上がりやすい上に、その反動で低血糖も起こしやすいので、同じく脳の誤った指令を後押しします。

 

選ぶなら、血糖値が上がりにくい食物繊維が豊富な黒い穀物として、雑穀米や蕎麦、ライ麦パンなどを選ぶのがマルです。

 

ご褒美スイーツも、急にやめられなければ、まずは半分にしてみましょう。
急にゼロにすると、離脱症状から反動で過食してしまうリスクもあります。
依存症からの脱却は、徐々に徐々に。

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」、週1回、土曜の夕方に配信!】

 

≪内科医・認定産業医 桐村里紗さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング