男性たちの記憶に悪残りした「史上最低の別れ際だった40代女性」3選

OTONA SALONE / 2019年10月23日 18時30分

恋愛の別れ際に「この歳になって、これはないでしょ」と記憶に悪残りする別れ方をしてしまえば、男性の中で“史上最低の女”の烙印を押される事態にも。

40代はさまざまな経験をしてきている年代とは言っても、恋愛となると、残念な振る舞いをしてしまう女性も少なくありません。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「思い出すと、今でもウンザリ」だという記憶に悪残りした40代女性の別れ際エピソードに迫ります。

 

思い出すだけでウンザリ!? 史上最低の別れ方をした40代女性1:友人や知人にまで勝手に連絡をとる

「1年ほど前に別れた当時42歳だった女性とは、交際初期こそ結婚の話も出ていましたが、付き合っているうちに『なんか違うな』と思い『このままだと、結婚はちょっと……』と僕から話し、本人も了承していたはずなんです。

その後、僕が『やっぱり無理だ』と思い、別れ話を切り出したら、なんとその子は、名刺交換しただけの僕の友人や知人に、片っ端から『話したいことがあります』とメールをしていたことが判明。多くの人はヤバいニオイを感じてスルーしてくれたみたいですが、とある仕事関係者が内容を聞くために返信してしまったら、そこには僕の悪口がズラリと書かれていたそうです。

こういう話って10代や20代のころはたまに耳にしましたけど、まさか40代になって自分が被害に遭うとは思わなかった。僕的にその子は、史上最低の女ワースト1になりましたよ!」(44歳男性/IT)

恋愛の別れ際に腹いせのように大騒ぎする女性もいるけれど、“大人”になったならば、分別は持ちたいところ。年齢に関係なく、感情のままに騒ぎ立ててしまえば、自身の評判も落としかねません。

 

 

思い出すだけでウンザリ!? 史上最低の別れ方をした40代女性2:別の男性を連れてきた

 

「結婚したいとせがまれていたものの、僕がどうしてもその気になれず、別れを告げた44歳の女性がいます。

けれどその子、何を血迷ったのか対面で別れ話をするという日に別の男を同席させ『この人と結婚しますから』と言い出したんです。これってつまり、僕と同時進行で二股をかけていたってことですよね? その場では、相手の男性のメンツもあるだろうとその子の話を黙って聞いていたのですが、翌日、その子にLINEで真意を尋ねたところ『あなたが第一候補だったけど、ダメだったので、彼にしました』と書かれていました。

婚活で出会った女性ではあったけれど、こんな露骨なことをするのか……と呆れましたし、一緒にいた時間はなんだったんだろうって虚しくなりましたね」(46歳男性/飲食)

付き合っていた相手が複数の異性と同時進行でお付き合い……は、どんな状況であれ、知って嬉しい話ではありませんよね。振られた腹いせもあったのかもしれないけれど、この男性は「40代で結婚を焦っていたのかもしれないけど、許せない。間違いなく、これまでで最悪な別れ際でした!」と憤っていました。

 

 

思い出すだけでウンザリ!? 史上最低の別れ方をした40代女性3:慰謝料を請求してきた

 

「婚活で知り合い、一応結婚前提で付き合い始めたけれど、付き合ってから価値観の違いに気づき、すぐに別れた41歳の女性がいます。

だけどその女性には、別れ際に散々罵られた挙句、なぜか僕が一方的な婚約破棄をしたという話にされていて、弁護士を通じて慰謝料を請求されました。誕生日に買ってあげた指輪が婚約指輪という話にすり替わっていて、相手に頼まれて相手の親御さんと一度だけ食事をしたのが結婚の挨拶だったことにされていて……。事実とはかなり違ったし驚くとともに怒りも感じましたけど、大した額は請求されなかったのと、そんな女と争っても時間がもったいないと思って、お金を払いましたよ!

結婚願望がやたら強い子だとは思っていたけど、お金にまでがめついとは思ってもなかったし、とんでもないのに引っかかったと後悔しました。40代ともなると、変な知恵がつく女性もいるんですかね? たちが悪いです」(45歳男性/IT)

本当に婚約破棄をしたなら仕方ないとしても、事実を捻じ曲げて、でっち上げをもとに慰謝料請求……とは、とんでもないお話です。振られた腹いせだとしても、許される話ではありませんよね。

 

男女関係の別れ際は、きれいごとだけでは済まされないのも常。40代という大人世代になっても、ドロドロの極みまで進み「史上最低の別れかただった……」と、男性の記憶に悪残りする女性もいるのが実態のようです。

 

≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング