1年で100万円貯めるには?手取り23万もズボラも成功した貯め方まとめ

OTONA SALONE / 2020年3月18日 20時0分

使うのはあっという間なのに、貯めるのはやたらと難しい、それがお金!

今回は「1年で100万円貯めることを可能にすることを目的に、貯蓄に関する記事を集めました。

  • 目次
    ・ケース1:めんどくさがりズボラ女子でも1年で貯金100万を達成
    ・ケース2:月手取り23万でも100万貯めるテク
    ・ケース3:お金のプロが1年で100万貯めている方法

ケース1:めんどくさがりズボラ女子でも1年で貯金100万を達成

その1■給料から貯金にまわす分を差し引いて「先取り貯金」する

160508easami005

貯金の基本は、給料から先に貯金にまわす分を差し引いて、残りのお金で生活するというものです。これが「先取り貯金」です。

 

その2■ルールは超簡単!手取りの2割を貯金するだけ!

160508easami002

収入の8割ならそれほど生活が苦しく感じることもなく続けられはず。すると、やっぱりこれはムダだったと思える支出が見つかるのです。試しに1、2年続けてみてください。

出典>>めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

 

ケース2:月手取り23万でも100万貯めるテク

・「月5万」+「ボーナス20万」どんなやりくりが?

毎月の貯金額は1か月5万円なので12か月で60万円、ボーナス時20万円を2回で40万円。合計年間100万円のペースで貯金しています。手取り23万円で5万円貯金すると、残りは18万円。では、どのような家計のやりくりをしているのでしょうか?

毎月の部

手取り23万円

ボーナスの部

手取り37万円

貯める女性の家計の内訳は自分と比べてみていかがでしょうか?

光熱費は必要最低限に抑えるいっぽう、使っている費目にはけっこう使っている印象があると思います。お金を貯めていく秘訣が隠されているのです。

 

・貯める女性は「つらいだけの節約」はしていない

家計のやりくりはメリハリが大切です。

この女性のケースでは食費を30000円で抑えていますが、交際費などの外食費は惜しまず20000円使っていました。普段はお弁当持参でランチ代を一日200円ほどの材料費で抑える一方、週末に友達とのランチで2000円、飲み会に6000円なども楽しんでいます。

平日お弁当を持参せず600円のコンビニ弁当とお茶150円で750円使っているとすると、手作り弁当の材料費200円と比べると1日550円の差です。平日1か月22日間とすると550円×22日で1万1500円の差となります。

出典>>月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

 

ケース3:お金のプロが1年で100万貯めている方法

その1■まずは無駄遣いや安くできる出費を洗い出す:8万円

無駄遣いはしていないつもりでも、よくよく見直せばあるものです。1年で100万円ということは、12ヶ月で割ると約8万円。もしも月8万円の支出がカットできたら、それだけで目標達成です。

そこで、生活費用の通帳を確認し、カットできる固定費はないか探してみます。

 

その2■収入アップを考える

・仕事を増やす:2万円

確実なのは、仕事の量を増やすことです。就職情報誌を見てみたら、介護施設で夜間アルバイトの仕事がありました。16:00から翌朝9:00までで、1勤務2万5000円なので、月2回頑張れば5万円。節約分を合わせると月8万円の貯蓄ができる計算です。

ただ、やはり体力的に無理は禁物と考え直しました。そこで、今の仕事を増やすことにします。月あたり、あと2万円分なら頑張れるのではないかと思いました。

 

・1年限定で我慢できそうな出費をやめる:年40万円

目標を達成するには、1年後に100万円の貯蓄が欲しい理由によります。どうしても必要なお金だと思えば、我慢できることも増えてきます。

〇旅行:20万円

1年に数回、1泊や2泊で小旅行に行くのを楽しみにしています。初夏には青森の桜を見に行ったり、秋には京都・奈良に紅葉を見に行ったり。でも、今年は日帰りで都内の公園に行きましょう。

〇ヘアサロン:6万円

できれば減らしたくない支出です。でも1年限定なら回数を減らすことも我慢します。年間で、6万円を節約します。

〇洋服:4万円

レンタルや中古をよく利用するので、もともと洋服代はあまりかかってはいません。しかしコートや靴は購入しますし、値段もそれなりにかかります。そこで、今年はコートを新調しないことにします。靴は早めに修理して買わずにすませます。

〇アクセサリーを売る:3万

思い出のアクセサリーもこの機会に売ってしまいましょう。この先、身に着ける機会はおそらくありません。

〇ランチは週2回お弁当持参:7万円

和食やイタリアンなど、ランチは毎日の楽しみでもあります。しかし、週に2回だけならお弁当作りも楽しそうです。

 

ついに!これで1年100万円の貯蓄です!

来年の今頃は100万円、と思うとワクワクします。これはぜひとも実行したくなりました。さっそく明日のランチはお弁当にして、生命保険会社に解約の連絡をしなくては!

出典>>お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング