40代になってそれ「絶対やっちゃダメ」!痛すぎるアイメイク8つのNG

OTONA SALONE / 2020年4月1日 16時0分

難しいけれどやりがいのある目周りのメイクアップ。眉は少し描くだけで劇的に印象が変わりますし、アイシャドウはサッとまぶたにのせるだけで顔が華やかになりますよね。でも…メイクのせいでスッピンよりも老け見えしていたとしたら悲しすぎます! 今回は、スッピンよりおばさん見えしかねないNGメイクをご紹介します。

 

■印象を決める「眉」のNG

NG1:1980年代を彷彿させる強く太い眉

ここ数年「太眉」が流行っているので、昔ながらのメイクでもOKなのでは?と思いがちですが、最近のトレンドは「ナチュラル風な」がポイント。眉の輪郭をはっきり描き、剛毛のようにみっちりと毛を描き足すアイブロウメイクは、はっきり言って年代がばれます(笑)。

 

NG2:輪郭を描いてから内側を埋めた眉

最近100円ショップなどでも眉毛テンプレートと呼ばれるアイテムが販売されていますが、輪郭を描いてから眉を描き始めるとまるで“海苔”のようにぺたーっとした眉になってしまいます。眉毛を描き足す時は、面倒だと思っても毛一本一本を描き足すイメージで。そうすることで自然な眉になります。

 

NG3:髪色とまったく合っていない眉墨を使っている

白髪交じりの髪は若干明るめのカラーに染めることがあり、自眉よりも明るくなることがあります。髪色と眉の色が違うと相手に違和感を与えます。せっかくオシャレに決めるなら、アイブロウペンシルも買い替えましょう。

出典>>40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

 

■意外とそのままやってるアイメイクのNG

NG4:単色アイシャドウ

 

グラデーションをせず「単色をただ塗りました!」のメーキャップは、とてもリスキー。とくに、マットな質感の濃いめブラウンで単色塗りをすると、目元がやたら重く見えるから危険信号!

アイシャドウは、若見えアイを作ってくれる救世主なアイテムだけに、せめて2色は使って濃淡をつけるのが鉄則です。

 

NG5:極太ブラックのアイライン

「目元を強調したい」と、やや太めにブラックのアイラインを引いた40代の目元は、まぶたの“くすみ”と相まって強烈な“おばさんアイ”になることが。40代が時短でアイラインを引くなら、“少し引き算”が今の気分。

まぶたのシワのせいで滲まないようにするためにも、少しだけ細めにしたほうが脱・おばさんです。

出典>>スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

NG6:幅広マットなダークカラー

ダークカラーの目元は写真写りはよくなることが多いものの、対面ではパッと見のインパクトが強すぎてしまい、ムリやり若作りをしているようにも誤解されやすいので気をつけて。

マットカラーを使いたいときには、幅広にならないよう意識しながらツヤ感のあるベースを忍ばせてみると、40代の目元がパッと垢抜けます。

 

NG7:スモーキーカラーの単色づかい

くすんだ色みのスモーキーカラーを、ややくすみが入り始めている40代のベースに乗せてしまうと、“のっぺり”として暗い印象になりやすいです。40代のスモーキーカラーづかいでは、肌のくすみを目立たせないためにツヤ感のあるアイシャドウをポイント使いするなどしてうっすらとした濃淡を出してみて。

 

NG8:くっきりしすぎているグラデーション

目元のくぼみが出始めているところに、ハッキリとしたグラデーションを入れてしまうと、かえってくぼみを目立たせてしまうことがあります。

40代のグラデーションは、くっきりとした濃淡は出しすぎずに骨格や肌の“落ち感”に合わせて丁寧に仕上げて。

出典>>スッピンよりおばさん見え!? 失敗すぎる3大アイシャドウメイク

 

目周りのメイクは、顔の印象を左右するカギになるメイク。ここのパーツがどんな仕上がりかによって、パッと見の印象が大きく変わります。今回の記事を参考にして、エイジングをフォローしてくれる描き方、塗りかたを心がけてみてください。

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング