【12星座別に解説】それやってると貯まらない!あなたが貧乏になるお金グセ

OTONA SALONE / 2020年9月3日 21時0分

新型コロナウィルス流行の影響もあり、今後の資金に不安を抱いてしまう人も少なくないのではないでしょうか? お金に不安のない老後を迎えるためには一体どうすればいいのでしょうか?

今回は、しっかり貯金を貯めておくにはどうしたらいいか、12星座別に解説いたします!

 

貧困に陥らないためには…? あなたが今すぐ止めるべき悪習慣

 

趣味にお金を使いすぎるおひつじ座

おひつじ座はそもそもそれほど浪費家ではないのですが、好きなことや趣味に関することには躊躇せずお金を使ってしまう傾向があります。収入が安定している時は問題ないのですが、節約すべき時はたとえ大事な趣味であってもぐっと堪えて我慢することも必要です。あらかじめ予算を決めておく、月々かかる費用を把握しておくなど、勢いで買い物する癖をやめましょう。

 

運用を勢いに任せがちなおうし座

努力家で堅実なおうし座は、若い頃から貯金が得意です。一気に貯めるというよりは長い時間をかけてゆっくり資産を増やして行くでしょう。今のままの状態をキープできれば今後も大きな心配はなさそうですが、資産運用を考えた時に落とし穴が。誰かに勧められるとつい乗ってしまいやすいので、勢いに任せた運用はNGと心得ておきましょう。

 

目標を定めると貯金がうまくいくふたご座

お金に関しては堅実で無駄なことには決してお金を使わないふたご座。買い物もしっかり熟考してからするので、衝動買いをして後悔するようなことはまずないでしょう。ただ、漫然と貯金していると時々無性に散財したくなってしまいます。目標額を決めてちょっとしたご褒美を定めたり、親しい人と競ってみたり。ちょっとしたゲーム感覚を取り入れると貯金額はもっと増えていくでしょう。

 

人のためにお金を使ってしまいがちなかに座

自分のこだわりのないところにはお金を出さず、時にケチと言われてしまうこともあるかに座ですが、自分が納得した部分についてはお金を惜しまない面もあります。人とのつながりを大切にしますから、交際費やプレゼント、お祝いなどにお金をかけてしまう傾向が。また、長年の友人に借金を頼まれると断れないこともありそうです。情に流されて連帯保証人などにならないよう、くれぐれも注意しましょう。

 

見栄を張ってしまいがちなしし座

しし座はそもそも貯金が苦手です。自分を大きく見せたいという願望が強いため、人に奢る機会も多くなるでしょう。特にお酒の席では気が大きくなってしまいがちなので気をつけましょう。稼ぐ力もある人なので、自分ではあまり心配していないかもしれませんが、一度しっかり収支を確認してプロのアドバイスを受けるなど、貯蓄を意識するところから始めてみましょう

 

完璧主義すぎるおとめ座

貯蓄も計画立ててきっちり行っていくおとめ座。完璧主義なため一度貯金すると決めたら目標額まで計画通り貯めることができるはずです。また、貯金額が働くモチベーションにもなり、さらにお金を増やすことができそうです。ただ、予想外の出来事に弱い部分があり、一度予定額を貯められない月があると、ズルズルとその後も失敗を引きずって悪循環に。完璧を求めすぎず、時にはゆるく貯蓄を心掛けましょう。

 

楽天家なてんびん座

どんな場面でも、なんとかなるさーと楽天的なてんびん座は、お金に関しても同様です。貯金しなきゃとは思っていても、欲しいものがあるとついつい買ってしまいがち。実際これまではなんとかなってきたケースが多いでしょう。ただ、世間の状況は悪化しています。てんびん座もそろそろ危機感を持つべき時かもしれません。まずは一度収支を確認するためにも、簡単な家計簿をつけてみましょう。

 

自分に無頓着なさそり座

貯めている人、まったく貯められない人、両極端なタイプがいるのがさそり座。よくも悪くも周囲のことを気にしないタイプなので、世の中の情勢が変わったからといって急に貯金を始めることはできないでしょう。貯められるタイプの人はいいのですが、貯まらないタイプの場合、原因は自分に無頓着であることが多いです。まずは1週間レシートを溜めて、何にどれぐらい使っているか把握しましょう。

 

浪費家ないて座

いて座は12星座中、もっとも浪費家です。金運がいいので、入ってくる金額は人よりも多いはずなのに、いつも余裕がない……心当たりはありませんか? 貯金したいと思っても、それ以上に使いたい欲求が強いのです。節約だけでは貯金は貯まらないでしょう。いて座の場合、さらに稼ぐことを考える方が効率が良さそうです。副業や運用も視野にいれて。

 

持ち前の野心で貯蓄できるやぎ座

やぎ座はすでに、かなりの額を溜めている人も多いのではないでしょうか。そもそも、先を見越す力がありますので、後先考えず散財するようなことはありません。税金対策や日々の節約もバッチリでしょう。老後に向けて心配することはほとんどなさそうです。問題は、大金を持っているだけにそれを利用する人が近づいてきがちなことです。儲け話などを持ってくる人とは距離を置きましょう。

 

貯金にハマりやすいみずがめ座

みずがめ座は、貯めるきっかけがあれば、そこから貯金にどっぷりとハマるでしょう。まだ貯められていないと言う人は、そのきっかけづくりから始めてみましょう。少額でもいいので目標額を決めて、それを達成出来たら次……というように、通帳にお金が貯まる感覚をまずは実感することです。一度快感を知れば、ぐんぐんお金が貯まっていくでしょう。

 

投資に向いているうお座

クレジットカード払い、ツケ払い、リボ払いなどで後々苦しむことになってしまいがちなうお座。場の空気に流されやすいので、自分が使いたくない場面でなぜか無駄にお金を使ってしまいます。貯金がなかなか貯まらないのが現状ですが、実はお金を動かす能力に長けています。冷静にお金の動きを見ることができるので、投資でお金を増やすことができそうです。

 

まとめ

いかがでしたか? 星座の性格によって、貯蓄の仕方も気をつけねばならない点も様々です。いずれにしても不安定な世の中ですから、できるうちにしっかりと貯めておくことが大切です。

 

≪シナリオライター・占い師 浦井アンナさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング