その服、着る人を選んでます!40代が買うとNGな【ユニクロ】の秋トップス

OTONA SALONE / 2020年9月8日 19時0分

お洋服も少しずつ秋モードへシフトしたい今日この頃。とはいえシーズンの切り替わり期は、どんなアイテムが人気になるのかも手探りな状態です。思い切って買ったアイテムをハズしてしまうなんて失敗は避けたいですよね。そこで今回は、40代が取り入れるには着こなしが難しいユニクロトップスをご紹介します。

コットンツイルシャツ

一見、なんともないシンプルなストライプシャツ。ですがこのシャツのポイントとなる襟が40代の大人女性にとってはNG要素の高いデザインになっています。シャツの細部にまでこだわった作りはとても素晴らしいものの、やはりどうしても丸襟のデザインは幼さが際立ちますね。

そうした意味で、誰が身につけてもオシャレに決まる!とは言い難いアイテムです。ですが、こちらのアイテムはおなじみイネス・ド・フレサンジュとのコラボレーションで生まれた新作ライン。先にもご紹介したようにディティールにこだわりを感じられる逸品でもあります。

もともとフェミニンな顔立ちや40代という年齢を感じさせない幼げな印象のある方なら上手に着こなせるものの、組み合わせるスカートやジャケットで地味な印象にならないよう気をつけて。

ニットフリースモックネックプルオーバー

こちらは10月中旬に発売予定となる新作、ニットフリースモクネックプルオーバー。もう見た目からして、じゃっかんヤバさが感じられるアイテムですね。何がヤバイって老け見えする要素がギュッと詰まっています。もちろん、着る人の顔立ちや体型、着こなし方、カラーコーディネートなど相対的な部分で完成度の高いコーディネートができればオシャレに仕上がるでしょう。逆にいえば、計算され尽くしていない着こなし方をすると一気に野暮見え&ふけ見え確定なのがコワイです。

まずモックネックは、顔の大きさをカバーしてくれる利点はあるのですが首が隠れるので首が短い方はオススメしません。素材もフリースで柔らかく服地に立体感が出にくいのでバストが大きい方や、骨格に厚みがある方は着太りを起こす可能性があるので注意しましょう。

基本的には身長が高く、骨格が華奢な方でないとオシャレが決まりにくいアイテムである可能性が大なのでネットよりも店舗で試着をしてから購入を検討することをオススメします。

着る人を選ぶ服は安易に買わない

今回、NGとしてご紹介したアイテムはいずれも決してダサいということはありません。ただ、服のデザイン、シルエット、素材、モチーフなどに特徴があるため着る人を選ぶという問題があるのです。着る人を選ぶ服は、ときに身につける人の魅力を活かしきれないどころか魅力を半減させてしまうこともあります。

だからこそ、自分に似合うかどうかを自分の目で見極めることが大切。今回の2アイテムはとくに感覚的に衝動買いをせずに試着をして、じっくり吟味をしてから購入を決めてくださいね。

 

≪ファッションライター 角佑宇子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング