【九星気学】一白水星の2月は「宝石の原石を見つける!」九星フラワー占い

OTONA SALONE / 2021年2月8日 0時8分

東洋の古い暦では、2021年の本格的なスタートは2月3日23時59分から。

そしてこの1年の幕開けの月は、それぞれの星の特徴が強く引き出され、本来の自分らしさを思い出させられる星の巡りになっています。

きっと波乱含みの1年を乗り越えるには、自分の本質と向き合うことが必要だという星からのメッセージでしょう。

では、星が教えてくれる、あなたらしさについても一緒に考えていきましょう。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

【2021年2月3日~3月4日運勢】

準備や根回しをするなら今月のうちに

今年の一白水星は、人目につくところ華やかな場所に引っ張りださされやすい運気にありますが、今月に関しては裏方に徹する、一人の時間を大切にして根回しや準備を行う、ということができる月になっています。

こういった一人の時間を充実させるということが大好きだったり、得意とする一白水星にとっては、とてもありが時間になるはず、どうぞ思う存分、この一年をよりよく進めて行くための準備に使ってください。

 

ただし、今月はいつもにも増して体が冷えやすく、疲れやすく体調を崩しやすくなるという難点があります。

ですから温かい服装を心がけ、シャワーだけでなくしっかり湯船につかり、夜は睡眠時間をしっかり確保するということが大切です。

特に、人と人の間に入って良い関係性を作るというような役割が巡って来やすいという月でもありますので、それなりに気疲れもしますし、不機嫌になればいいことはありませんので、体調を整えるということはとても重要です。

仕事運は…大きく育つ「原石」が見つかるとき

今月は、人からの相談があいつぎ細々とした仕事も巡ってきがちです。

そういった細々としたものの中から、この1年間を貫いてあなたのテーマとなる物事、あるいは大きく育っていくミッションやプロジェクトのようなものが見つかる気配もあります。

これかもと思うとそれに関わる情報がどんどん入ってきますので、たぶんわかるはずです。

どうぞ楽しみにしていてください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、ひそやかなアプローチいくつかあるかもしれません。

あなた自身が注意しないと気が付かないでしょう。

それに相手は地味めで、これまでも周囲にいたかもしれないけれども、注目していなかったような相手です。

背が低いかもしれないし、あんまりおしゃれではないかもしれませんが、じっくり話してみると印象が変わったりすることがありそうですので、無下に扱わないようにしてください。

金運ですが、例えば忘れていたタンス貯金のようなものに気が付くというようなことがあるかもしれません。

かなり細々としたお金の入りがある、逆に、細々とお金が出ていくか、どちらかの月になりそうです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ホワイトとイエローです。

気持ちがささくれだちそうになったときも、この2つカラーが、気持ちを解きほぐし方と優しさを思出させてくれます。

とくに良好な人間関係を保つのに効果を発揮します。

ラッキーパーソンは、今月は二黒土星の人、あるいは同窓生の男性です。普段あまり自分の意見をはっきり言わない人物にかぎって、この時期はとても有効なアドバイスをしてくれますので相談してみてください。

ラッキーフードはお餅が入ったぜんざい。

体が温まり、体調の悪いときにこそ、力を与えてくれるパワーフードです。

 

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

 

(イラスト オオスキトモコ)

 

≪五行鑑定家 小林佑実さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング