1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

「ぐうに」ではない!「偶に」の読み方、知っていますか?

OTONA SALONE / 2021年4月12日 8時0分

よく耳にしている言葉なのに、漢字で書かれるとなんて読むかわからない…そんな経験はありませんか?

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

 

第1問:「偶に」の読み方、知っていますか?

「偶然(ぐうぜん)」という漢字があるので「ぐうに」と読みたくなるかもしれませんが、「ぐうに」は間違い!

思いも寄らないような読み方に思えるかもしれませんが、「偶に」の意味を知ると正しい読み方が思い浮かぶかもしれません。

まれに。思い出したように。〇〇には。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

 

正解は……

正解は「たまに」です。

「偶」は

  • 音読み グウ
  • 訓読み(常用外)たまたま・たぐい・ひとがた

と読むことができます。

 

第2問:「唆す」の読み方、知っていますか?

「唆」という漢字自体、あまり馴染みがないかもしれません。一か八かで「さとす」と読む人もいるかもしれませんが、「さとす」は「諭す」「悟す」と書くので間違いです。

「唆す」の意味を知れば、「もしかして・・・」と察する人もいるかもしれません。

1 その気になるように仕向ける。特に、おだてて悪いほうへ誘い入れる。
2 早くそうするように勧める。せきたてる。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

 

一度は耳にしたことのある読み方のはず!

正解はこちらです。

「そそのかす」です。

一般的には「そそのかす」と読むことがほとんどですが、辞書には「そそ“な”かす」とも表記されています。また「唆す」という漢字の他に「嗾す」と書くこともできますが・・・いずれにせよ、読み慣れていないと「そそのかす」と読むのは難しく感じるかもしれません。

「唆す」に使われている漢字「唆」ですが、これだけで「人を不安にさせてその気にさせる」意味合いがあるようです。

「唆」の部首は「口(くちへん)」。右側の上部は「木」と「人」を意味し、下部は「足」を意味しています。「唆」の元となった象形文字は、「しきりに左右へと往復する織布の工具」を表していると言います。その様子から「人を不安にさせ、けしかける=唆」という漢字が成り立ったのだとか。

「そそのかす・けしかける」という意味合いだけをもった「唆」という漢字。「唆す(そそのかす)」としか読まない漢字ですから、漢字ごと覚えてしまいましょう!

参考文献:「唆」という漢字の意味・成り立ち 漢字/漢和/語源辞典

 

第3問:「擬き」の読み方、知っていますか?

「擬」という漢字の中には「疑」という漢字が含まれています。なんとなく意味は読み取れそうなものですが、パッと読み方が浮かばない人も多いのではないでしょうか。「ぎき」と読むのは・・・なんだか違和感を感じますよね。

「擬き」の意味は

1 日本の芸能で、主役にからんだり、前に演じたものをこっけいにまねたりすること。また、その役・演目。里神楽のひょっとこ、能の「翁」に対する「三番叟(さんばそう)」など。
2 もどくこと。
3 名詞の下に付いて、それに匹敵するほどのもの、また、それに似て非なるものであるなどの意を表す。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

です。

3つ目の“それに似て非なるものである”で、どう読むのか察せられるかもしれません。

正解はこちらです。

「もどき」です。

「擬き」は「擬く」という言葉の連用形※です。

※用言・助動詞の活用形のひとつ。「白く光る」の「白く」のように、下の用言に続くときに使われる形。古文の授業で習う動詞の活用形「未然・連用・終始・連体・仮定・命令」の2番目。

「擬く」という言葉には、

1 さからって非難する。また、従わないでそむく。
2 他のものに似せて作る。また、他と同じように振る舞う。まねる。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。

 

 

 

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング