1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 恋愛

【40代編集部長の婚活記#245】婚活で相手に「聞きにくいこと」を質問するには?

OTONA SALONE / 2021年4月14日 17時0分

40代の婚活はハプニングの連続!? 40代の婚活を始めて、4年7カ月になるOTONA SALONE編集“部”長・アサミ、誕生日が過ぎたので今回より49歳。

これまでに100人以上もの男性と出会い、婚活パーティ、個室婚活、紹介などで出会った男性とデートしてきたが、現在進行形のキャットさん(46歳・バツイチ・起業家)はSNSで出会った相手で……!

この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

質問スイッチ、ON!

海の見える街に住むことに憧れるという話の流れから、話題は「釣り」の話へと。

キャット「そうなんですよ。僕もこっちに住んでから釣りをするようになって。新鮮な魚をすぐ食べられるってホントいいですよ」

アサミ「そういえばITさんと一緒に釣りに行かれたって聞きました」

キャット「そうそう。彼、僕よりもずっと前から釣りをやってて。いろいろ教えてもらったんですよ」

釣りの話になったところで、私の中でなんとなく深堀りする質問スイッチが入った。

 

どこまで「素性」を話してくれる?

キャットさん、自分の素性はこれまであまり話してないよね。バツイチとか、息子がいるとか、婚活に興味ある(?)みたいな話もすべてITさんからの情報だし。ここが聞き出すチャンスかも。

アサミ「お二人で釣りに行ったんですか?」

釣りにはITさんとキャットさん、息子の3人で行ったと聞いているけれど、あえての質問をなげてみた。

ちょっとハッとした表情のキャットさん。何かに気づいた感じ? そして、一度目を伏せたあと、落ち着いた表情に戻った。

キャット「僕の息子と3人です。僕、離婚していて、一緒には住んでいないんですけどまだ小学生なので。まだ父親と遊びたい年頃なので」

お、ぶっちゃけベースで話してきたな……!

いいパスがキタ!

編集という仕事柄ゆえか、婚活中ゆえか、それとも元々の性格なのか。判断に迷うけれど、人の話を聞いていてときどき「質問スイッチ入った!」という瞬間がある。

意外な一面が見えたりしたときや、会話の流れで相手が“いいパス”を出してくれたりしたときに、「よしキター!」と感じる。今回は後者。

なんていったらいいんだろう。質問するのがワクワクする(笑)。この際だからキャットさんのプライベートのこと、ちょっと失礼を承知のうえで聞いていってしまおう。

 

スタートは、息子さんのことから

アサミ「息子さんがいらっしゃるんですか」

キャット「はい。いま10歳です」

アサミ「どうしてITさんと3人で釣りに?」

キャット「息子が釣りに行きたいって言い出したんですよ。湘南に引っ越して間もない頃だったから、僕もまともに釣りをやったことなくて。以前にITさんが『釣りやりましょう』って言われてたこと思い出して」

アサミ「教えてもらう的な?」

キャット「そうそう。彼、わりと教えるの好きじゃないですか」

あぁ、確かに。IT業界のセミナーで講師とかよくやってるものね。それに、聞いてないのにキャットさんのプライベートも教えてくれた(笑)。

 

いまの家族関係を聞いてみよう

ここでITさんの話に乗ってはいけない。会話をキャットさんのプライベートに戻していこう。

アサミ「勝手な印象ですが、子煩悩なパパって感じします」

キャット「僕ですか? いえいえ、そんなことないです。息子とは別居生活ですし。一緒に住んでいないから、たまに会うときくらいは興味あることをやらせてあげたいので」

アサミ「そうか、別居されてるのか」

キャット「離婚して、親権は元妻にあるので」

少しずつ彼の口から語られるプライベート。ある程度は事前にわかっていたけれど、ちゃんと聞いてからじゃないと、なんだか気持ちが落ち着かない。

別居と聞いたけど、もうちょい詳しく

アサミ「お近くにお住まいなんですか?」

キャット「いえ、元妻と息子は都内です。もともと3人で住んでいたところに。学校のこともあるしね」

アサミ「そうですよね。友達のこともあるから転校するのも大変ですしね」

キャット「離婚してしばらくは、僕も近所で一人暮らししてたんです。息子がすぐに行き来できるほうがいいかなって」

アサミ「確かに。そのほうが便利そうですけど」

キャット「離婚したのに近くに住んでいるのって……行き来には便利ですけど、あんまりよくないものなんですよ」

 

突っ込んでみたり、引いてみたり

子供との関係性を考えたら、近くに住んでたほうがよさそうな気がしちゃうけど。離婚どころか、結婚もしたことないからよくわかんないな。

アサミ「どうしてよくないんですか? …って、失礼な質問だったらすみません!」

ときどき私がやる聞き方。ズケズケ聞いておきながら、同時に失礼を詫びる(笑)

キャット「いや、大丈夫ですよ」

少しの間、窓の外を見ながら考えるキャットさん。

キャット「例えばアサミさん、いろいろ揉めて別れた元彼が近所に住んでいるってどうですか? 居心地いいですか?」

アサミ「あんまり居心地よくないですね。道でバッタリ会いたくないです」

キャット「それど同じような感覚ですよ」

 

会話の返し方が「ステキ」

立場が違ってもなるべく理解できるように、「例えば」の話をしてくれるキャットさん。こういう話し方は上手だなぁと感じる。

そういえば新人時代の上司に言われた『編集者の心得』のひとつに「立場が違うからわからないというのは無能の証拠」というのがあったな。それはつまり、立場が違う人にもわかるように説明できるようになれ、ということでもあったと思う。

独身、既婚、離婚、子供ありorなし。いろんなライフスタイルの人がいる中で、お互いを理解するためには、お互いが理解しよう、理解してもらえるように伝えようという気持ちが大事だと感じる。

キャットさんはきっと、仕事でも、友達でも、家族でも……理解してもらえるよう真摯に伝える人なんじゃないかな。

どうして離婚したんだろう?

話せば話すほどに感じる、キャットさんの魅力。会話が面白い人ってステキだな。

バツイチの男女の知り合いはたくさんいるけれど、どうして離婚したんだろうと思うくらい魅力的なかたがいる。キャットさんも、保護猫ボランティアするくらい優しくて、離婚して別居しても子供と遊ぶほどに愛情があって、ITさんも信頼を寄せるほど人望があって、これまでのメールや会話でもコミュニケーション上手で。

どうしてキャットさんは離婚したんだろう?

しかし、それを聞くのはさすがにまだ早い。もうちょっとコチラの話もしていかないとね。

 

まずは自己開示から

男女の会話は、いやそれに限らず仕事、友達など人間関係を円滑にしてくには、一方的に聞くのではなく、こちらも開示していかないといけない。

よく考えたら私だって、婚活をしている独身だとちゃんと話したことはない。キャットさんの離婚のことを深堀りする前に、自分のことを開示していこう。

アサミ「SNSにも書いているからご存知かもしれないですけど、私、婚活中なんです」

キャット「あ、はい。拝見してます」

アサミ「ありがとうございます」

キャット「アサミさんの考えを率直な言葉でつづられているので、面白いです」

アサミ「そんな、恐縮です」

読んでくれているなら話は早い。私からの自己開示はできているようなものだ。

アサミ「一度も結婚したことないので、結婚する気持ちとか、離婚する気持ちってよくわからなくて」

キャットさんなら、立場が違う私に理解できるような説明をしてくれるんじゃないか……。そんな期待をいだきつつ、次への質問の種を撒き始めていた。

 

運命の人と出会うには!?

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

 

≪OTONA SALONE編集部長・婚活コラムニスト 浅見悦子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング