1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

妊活中のワクチン接種の反応は?体験者が語る「引き取るリスク」とは?

OTONA SALONE / 2021年9月5日 12時5分

 

40才代で妊活や出産を経験することも珍しくない、今。

ただし、このコロナ禍での育児や出産には平時とは違うリスクも。そしてさらにワクチン接種への対応も人さまざま。

そこで、編集部が妊活中のアラフォーの女性に率直な意見を聞いてみました!

 

前編はコチラ▶▶【移植5日後のコロナワクチン接種】妊活中のワクチン接種ってどうなの?

 

ワクチン接種のために先延ばし…?でも、1日でも早く妊娠したい!

 

でも、私もう41歳(というか42歳になる年!)ですし、正直1日だって早く妊娠したい。とはいえ、体外も3回目で経済的にもこれが最後とも思ってて万全の体調で望みたい…などなど。とにかくいろんな要素が絡み合って、結論出しずらかったんですが、夫婦でも話し合って、とりあえずどんな選択をしてもリスクはあるから、打てるうちに打とう!と判断しました」

確かに、高齢での妊娠となると、1日でも早く妊娠したいのが、切なる思い。

 

接種時の医師とのビミョーなやりとり

「移植後は4日目に診察へ。そして妊娠反応あるっちゃある、けどまだ確定ではない、という結果に。何も出ないよりうれしいけど、まだ確定ではないというモヤった気分で翌日ワクチン接種をむかえました。

お医者さんの事前問診のとき、『授乳中か、妊娠中か』のところにチェック一応いれたところ…

(※ここからはヨウコさんとお医者さんのやりとり)

お医者さん:「いま授乳中ですか?」

(あ、お腹出てないしわからないよな、、)

ヨウコさん:「じゃなくて、もしかしたら妊娠してるかもで…」

お医者さん:「そうですか、何か月かわかります?」

ヨウコさん:「まだ着床したかも?くらいの段階で…」

という微妙なやりとりで、その方は(あ、不妊治療してるのかな)ってわかってくれました。

そして、また同じように「妊娠後期にかかるリスクは高いですからね~」と言われ、いよいよ接種へ。

 

 

妊娠超初期でのワクチン接種後の副反応

移植後5日目にワクチン接種したヨウコさんの副反応とは?

「接種1回目もそうだったんですが、正直人に語れるような副反応がそこまで出なくて、ネタがなくてすいませんって感じでした(笑)。2回目のときも翌日の昼間37.5度くらい発熱があって、腕が痛いのと、頭痛が少しするなというくらい。今の私にとっては幸いだったんですが、一緒に摂取した夫は寝込んでました(笑)。

そして、ワクチン接種した2日後に着床判定のための通院。今までこの判定までこぎつけることができなくて、今回も正直ワクチン打っちゃったけど、結果が悪かったら後悔するのかな、とかネガティブな考えがぐるぐる…。

血液検査の結果、妊娠反応出てるけど、合格点が80点だとしたら70点くらいの微妙な数値だから、また次回診察しましょう、と」

 

 

え、それって妊娠してるってことですか?

「いや、まだ確定しているわけじゃないんです。ただ、着床して妊娠反応出て…とここまでこれたことが第2子の妊活中は初めてだったんで、私的には好成績。やったー!と言えないけど、頑張りましたくらいの感じでしょうか?つまり、ワクチン接種が妊娠に対して今のところですが悪く出てる様子はなさそう。まだ次の通院日が先なので、そこでいい結果が出るよう祈ってます。」

 

妊娠を計画してる、特に高齢の女性にとっては、ワクチン接種以外にもいろんなリスクを検討しなければなりません。

だからこそ、人それぞれの選択肢があるとヨウコさんは言っています。

「なるべく正しい情報を取得することと、最後は自分の優先したい事柄と引き取るリスクを明確にするしかないですよね」

 

 

*このシリーズでは接種にまつわる「生の声」と「実際にそれぞれの方が行った副反応対策」を可能な限りそのままお伝えするため、個人の感覚や推測等に基づく発言もそのまま掲載しています。十分ご留意の上、お読みください。

 

■この記事も読まれています

 

>>>モデルナ2回目接種「ひどい二日酔いが1週間続くような」副反応の顛末

★あなたの「コロナワクチン体験」「コロナ感染の体験」を直接聞かせてください!

>>>こちらから

 

 

 

≪OTONA SALONE編集長 時田紗耶香さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング