1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

キャサリン妃のZARAコーデ拝見!プチプラなのにエレガントすぎる3選

OTONA SALONE / 2021年9月16日 20時0分

世界中の人々を魅了してやまないキャサリン妃のファッション。プチプラアイテムだってエレガントに着こなしてしまうコーディネート術はぜひお手本にしたいもの。

そこで今回は、ZARAをお召しになったキャサリン妃のエレガントなモノトーンコーデをご紹介します。プチプラを買うとき・着るときの参考にしちゃいましょう!

 

プチプラでも潔く主役に!ワッフル素材の生地感も高見えのポイント

2020年、幼児期の発達についての国民調査をローンチしたキャサリン妃。同年11月、その結果をビデオを通じて発表された際の投稿です。

 

白のテーラードジャケットに黒のインナーというシンプルなモノトーンコーデ。(インナーは2枚目の写真で見ることができます)

 

アクセサリーも控えめなフープピアスを着けていますが、ネックレスは無しで、この日のファッションはまさに「シンプル・イズ・ベスト」。

 

キャサリン妃には珍しく、ミニマルでシャープな印象すらありますが、ジャケットのウエストを絞ったラインが女性らしさを感じさせます。

 

また、生地はポコポコとしたワッフル素材で、こちらも優しげな雰囲気。やはり随所にキャサリン妃らしさが見られますね!

 

この白ジャケットは、ZARAのものです。ジャケットを潔く主役にして、少しもプチプラに見せない着こなしはさすがです!

 

ワッフル素材も生地を安っぽく見せないポイントですね。プチプラを買うときの参考になります。

 

そして、このジャケットはキャサリン妃が度々着回しされているアイテムでもあります。

こちらの投稿でも同じジャケットを着用されています。この日も白×黒のモノトーンコーデですね。インナーが白なので、爽やかな印象です。

 

ところで、この投稿は2016年10月のものです。キャサリン妃の物持ちの良さに驚きですよね!

 

シンプルで飽きのこないデザインだからこそ長く着ることができ、かつ、生地もポリエステルでシーズンレスに着られます。

 

プチプラアイテムでもきちんと長く愛用されるスタイルは見習いたいですね。

 

モードなアイテムもクラシカルに!プチプラも自分らしくコーディネート

2020年1月、イングランド北部にある工業都市ブラッドフォードを訪問された際の投稿。

 

ブラッドフォードは、イギリス国内でもっとも多様性に富んだ都市のひとつ。キャサリン妃はコミュニティセンターを訪れ、地域住民と交流されました。

 

この日お召しになったエレガントなワンピースも、なんとZARA!

 

マニッシュな印象を与えるグレンチェックを、ボウタイ、パフスリーブ、プリーツなどのディティールでフェミニンに調和させた、甘辛ミックスな一枚です。(5枚目、6枚目の写真だとワンピースのスカート部分まで見えます)

 

とてもプチプラには見えないですよね。なんてお買い物上手なのでしょう!

 

ちなみに、このワンピースはキャサリン妃が着用されてから即完売したそうですよ。

 

このときの足元は「ジャンヴィト ロッシ」の黒のスウェードパンプスで、バッグは「アスピナル オブ ロンドン」の黒レザーのハンドバッグ。小物も黒でまとめて、ワンピースの持つ甘さを引き締めています。

 

小物に高級感を持たせることで、ワンピースもプチプラに感じさせないテクニック! とはいえ、靴もバッグも見えていない写真でも十分にエレガントなのは、やはりキャサリン妃だからでしょうか。

 

ZARA公式サイトのモデルさんの着こなしは、キャサリン妃とは少し異なっています。ボウタイを結んでいなかったり崩し気味で結んだり、また、靴は黒のロングブーツを履いていました。

 

キャサリン妃の着こなしはクラシカルな雰囲気ですが、ZARAのモデルさんはモードな印象です。値段やトレンドに左右されず「自分らしい」着方ができるって素敵ですね!

 

プチプラと上質アイテムをミックス!カジュアルなワイドパンツも品良く着こなす

2019年9月、ロンドン・サザーク地区のファミリー・ナース・パートナーシップ(FNP)のチームとお会いになったキャサリン妃。

 

FNPは、子育てが初めての若い親への育児支援として家庭訪問を行なう団体です。

 

この日、キャサリン妃がお召しになったのはポルカドットのブラウスと黒のワイドパンツです。

 

気になるZARAアイテムはというと、この日はパンツです!(7枚目の写真でパンツの全貌が見えます)

 

ハイウエストでセンターシームが入っていて脚長効果もありそうなこのパンツのお値段は、£29.99(約4,500円)。プチプラです!

 

足首の見える丈も女性らしさがあってキャサリン妃にお似合いです。

 

そしてブラウスは「エキップモン」のもので、キャサリン妃が何度も着回しされているお気に入りのアイテム。

 

シルク100%のとろみが上品なブラウスとのコーディネートで、カジュアルなワイドパンツもエレガント!

 

靴は、前出の「ジャンヴィト ロッシ」の黒のスウェードパンプス。チャンキーヒールなので、ワイドパンツとの相性がとても良いですね。

 

実はこちらのパンプスもご愛用されていて、お召しになる頻度がかなり高いアイテムです。

 

「ジャンヴィト ロッシ」はイタリア発のシューズブランドで、エレガントでありながらセクシーな、洗練されたデザインが魅力。

 

パンプスは10万円前後と少々お高めですが、キャサリン妃のようにシンプルなデザインのものを長く着用すればそう高くはないかも?

 

日本でも購入できるのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

≪ヘルスケアライター 青柳彩子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング