1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

欲望の塊!「生クリーム+コッペパン」をダイエット研究家が食べてみると…?

OTONA SALONE / 2021年10月6日 17時0分

ミウラタクヤ商店の三浦です。

某コンビニで「甘党の欲望が詰まってる」と言わしめるパンを買って食べました。

こいつだ。

凄いボリュームの生クリーム。

そしてそれを受け取りめるパン。

至ってシンプル。

至ってシンプルなスイーツ。

食べた。

甘い。

あまい。

本当、甘い。

あっまい生クリームとパンが口の中で混ざり合って、甘いもの好きな人の欲望を満たしてくれる。

ねっとりと濃厚な甘さが美味いです。

ど迫力!!!!

嫁から聞いたおもしろい話。

このパンはマリトッツォのブームの時、商品開発者がマリトッツォを食べて

「わたしが食べたいのパンと生クリームだけだわ」という発想から生まれた欲望の塊とのこと(ネット情報を参考にしました)

まさに重量感のある、生クリームとコッペパンの味です。そして美味しいです。

ダイエット研究家目線から、生クリームコッペパンの栄養素を考える。

  • 304kcal
  • 糖質29g
  • 脂質18.9g

となっており、思ったほどハイカロリー、高糖質ではないですが、脂質が重たい。脂質が多い。

残念ながら、美味しいんですが、間食として恒常的に食べてたら太ると思う。

  • 週1の自分へのご褒美はOK。
  • ただ毎日の間食は太るからNG。

間食でオススメは和菓子・果物。

とはいえ「空きっ腹になっちゃう」ってなると思う、そんな時にオススメな間食は

  • 和菓子
  • ベリー系の果物
  • ハイカカオなチョコ
  • 素焼きナッツ

などなど。

シンプルに「低カロリー」「低糖質」「ポリフェノールなど栄養が豊富」なものを選ぶのが良い。

濃厚な生クリーム!!!

あと和菓子は脂質が基本的に低いので、洋菓子や菓子パンに比べるとよっぽどマシな間食です(美味しいんだけどね)

タンパク質を増やすと良いよ。

お腹空きがちな人は食欲ホルモンが乱れてる場合もあるので、毎日の食事も整えた方がいい。

  • タンパク質を意識する。
  • 低糖質を意識する。
  • 自炊の回数を増やす。

ってことをやりましょう。

プロテインとかオススメだよ。

タンパク質は食欲を抑える傾向がある栄養素で、糖質と加工食品に使われる脂質は食欲を乱す傾向が見られます。

なので「自炊」「低糖質」「タンパク質多め」くらいの食生活を継続する、ってことをすると整います。

太る太らないは7日間で考える。

ダイエットは食べるものを選択すること。

よく「ダイエット中なんですが、これ食べていいですか?」っていう点の質問いただくんですが、

基本的にダイエット中に「食べてはいけないもの」ってのは存在しないです。

  • 食べることがダメなんでなくて、
  • 食べ続けることがダメなんで。

なので1週間単位で「自分食べすぎてるなー」と思う節があれば、都度、食べる量を減らせば良いです。

食事内容を整えると自然と痩せる

なかなか塩梅が難しいですが「規則的で適切な量の食事」を続けると自然と体重落ちたり、浮腫がとれたりします。

で、どれくらいの量?

ってのは正直個人差があるので一概に言えない。だから厚労省が出してる年齢ごとの消費カロリーが指標になる。

しかし身長・筋肉量・運動量などなど、生活習慣や体調により、消費エネルギーも摂取エネルギーも異なる。

なので「自分の痩せる食事は自分で見つける」ってのが大事で「模索し続ける意識」ってのをおすすめします。

めんどうやー!

と思うかもですが大事なことなので。

がんばっていきましょうー!

 

≪ダイエット研究家 三浦卓也さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング