1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

試着して「ギョッとしがち」40代が注意すべし!なニットベストって…?

OTONA SALONE / 2021年10月19日 19時0分

今年の秋冬も人気のニットベスト。すでに取り入れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、今季売れているニットベストの色味・風合いは40代にとっては失敗しやすい要素が含まれています。

そこで今回は、老け見え必至のニットベストコーデと、洗練見えするニットベストコーデの違いについてご紹介いたします。

 

試着の鏡が恐ろしい…老け見え注意1位は「Vネック」に「ニットパンツ」

老け見えしやすいニットベストのコーディネートは、Vネックのニットベストと同素材のニットパンツを合わせたセットアップスタイル。

 

ベストのインナーにバンドカラーシャツを組み合わせる着こなしはとくに20代〜30代をはじめとした若者によく見受けられます。

 

実はこのような流行りの着こなしかたは40代の大人女性にはあまりマッチしないかも。とくにざっくりとした編み地のVネックベストはオバちゃんを通り越しておばあちゃん的風合いを感じさせるので気をつけましょう。

 

20代前半がこのような着こなしをする場合は、顔立ちのあどけなさとレトロなスタイリングのアンバランスさが逆におしゃれな印象を引き出すのですが、30代からは顔に馴染んでしまうので老け感が増しやすいです。

 

このほかニットそのものがヨレたり、厚手過ぎたりするものも野暮ったくなるので、素材の見極めも気をつけたいところですね。

 

では、一気に洗練されて見えるニットベストとは…?

洗練見えはオフタートルネックのニットベスト

40代の大人女性におすすめのニットベストもあります。それが、オフタートルネックのニットベスト。

 

オフタートルネックとは、通常のタートルネックよりも顔まわりにゆとりのある大きめのタートルネックのことをさします。できればタートルネックの立ち上がりがしっかりしているデザインだとより洗練されて見えるのでおすすめです。

 

大人の女性は年齢とともに首元・デコルテに変化が見えやすいので、Vネックで露出させたり、流行りのシャツを合わせるよりは一枚でさりげなくカバーしてくれるニットベストのほうが何かと使いやすいと思います。

 

もしあればインナーは同色のニットやカットソーで腕のラインを華奢に見せると良いでしょう。セットアップもパンツではなく細身のスカートならエレガントさが高まります。また、色もくすんだブラウンやグレーより、ラベンダーやブルー、淡いグリーンなどキレイな色のニットベストを選ぶと肌のトーンアップに繋がりますのでぜひ取り入れてみてくださいね。

 

コーデにメリハリをつけるのが成功のカギ

ニットベストにおける老け見えと洗練見え大きな違いは、全身がゆったりして締まりのないシルエットなのか、シルエットにメリハリが効いているかの違いも大きいですね。

 

ニットベストがゆったりしているならインナーorボトムスはコンパクトにまとめる。この法則を徹底すると良いでしょう。トレンドアイテムもご自身の顔立ちやスタイルに似合う形で上手に着こなしてくださいね。

 

≪ファッションライター 角佑宇子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング