1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

英語で「お先にどうぞ」と言える?2単語で言えたら完璧!

OTONA SALONE / 2022年5月14日 11時9分

駅などの券売機でなかなか小銭が出てこない…そんなときは後ろの人に「お先にどうぞ」!。

サッと英語で言えたら素敵ですよね。

今回は、日本語でもよく使うフレーズを3つご紹介します。

 

その1:お先にどうぞ

日本語の「どうぞ」はいろいろな場面で使える便利な言葉ですが、英語では場面によって異なる表現を使い分けます。例えば、「Here you are.」は日本語で「どうぞ」と訳すことができますが、主に相手に物を渡すときなどに使う表現です。

誰かにドアを開けてあげるときや、道を譲るときに「どうぞ。」と言いたければ、「Go ahead.」が正解。
より丁寧に伝えたい場合は「After you.」と言ってみるのも良いですね。

 

 

その2:それでいいですか?

「Are you okay?」は、相手を心配しているときに使います。

 例えば、転んで怪我をしている人や、体調が悪そうな人に声をかける場合です。

同意を求めているときや、本当にそれでいいのか確認をしたいときに「Are you okay?」と尋ねると、「具合が悪そうに見えるのかな?」と相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

「それでいいですか?」と確認したいときには、「Is that okay?」または「 Is that all right with you?」と聞きましょう。

 

その3:場合による

仕事で何かを聞かれたとき、回答が複数あって「場合によります」と言いたい場面って多いですよね。そんなとき、日本語の会話で良く使われる「ケースバイケース」をそのまま使っていませんか?

英語の「case by case(ケースバイケース)」は、直訳すると“ひとつの事案について適切な対応をする”という少し複雑な意味。普段の会話ではあまり使われない表現です。

「場合による」と言いたいときは、一般的に「it depends」を使います

 

 

≪英会話講師 ジェイコブ・ ウェバーさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください