40代の下半身やせは頑固な脂肪の燃焼から!「温活」スタート

OTONA SALONE / 2018年3月8日 21時0分

40代の下半身やせは頑固な脂肪の燃焼から!「温活」スタート

 

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がおすすめです。まずは温めてセルライト対策を。

 

セルライトってどんな脂肪?

セルライトは主に下半身(お尻、太もも)にかけて現れ、皮下脂肪が不均一にでこぼこした状態のこと。一度できてしまうとなかなか落ちにくいのが特徴です。男性は筋肉があるためつきにくく、皮下脂肪の多い女性に多いのです。

どうしてセルライトができてしまうのか? 実はその原因はよくわかっていないそうです。通常、脂肪細胞は線維組織に囲まれていますが、この硬い線維組織が異常に増えて硬くぼこぼこになった状態です。成因には加齢などが考えられています。

あり得る原因の1つである血行不良は、日々の運動不足による冷えや筋肉不足、ストレス、これまでの生活習慣の結果なので、規則正しい生活を毎日心がけることが大切です。

以下、私がエステセラピストとして日々行っている対策をご説明します。

セルライト対策には、ストレッチとマッサージ!

 

 

① セルライトにはリンパケア

以前、エステに来られるお客様にもよく「どうしたら痩せますか?」と質問されることが多かったのですが、セルライトが大きく肥大化している場合は、運動や筋トレよりもまずはセルライトを減らす老廃物の除去が必要です。

肌を優しくなでるようなリラックス系のアロマトリートメントでは頑固な脂肪はなかなか減りません。セルライトケアには多少痛みを伴うリンパマッサージがおすすめです。体に溜まっている不要物や固くなった脂肪をグイグイ押し出してくれるのでリンパケアは痛くて当然なのです。

とくにふくらはぎの裏側、太ももは全体的に揉みほぐして股関節に向かって流します。お尻も引き上げるように流します。お腹はおへその横に両手を当てて、円を描くようにマッサージをして脇腹をぐいぐい捻るような絞るマッサージを行います。

このようにリンパ節とリンパの流れを意識したマッサージを自宅でも行い、体の各部位で滞っている余分な水分と老廃物を排泄し、代謝を上げていきましょう!

もし、痛いのがどうしても苦手という方は、体を温めてから行うと痛みも半減しますし脂肪燃焼の効率も上がります。

 

② 伸ばす、回すなどのストレッチを

ストレッチは、股関節を伸ばす開脚やひざを伸ばす前屈や屈伸、足首を伸ばす、回すなど、主に関節を伸ばす動きを取り入れてあげるといいです。ウエストをねじるストレッチはお腹痩せに。背中は固くなっている人が多いので、腕を後ろに回したり、肩甲骨を寄せるストレッチを。マッサージと一緒に朝晩5~10分程度行えるといいですね。

代謝を上げる食生活の見直しを!

 

 

基礎代謝が高い方は太りにくく、低い方は太りやすいといわれます。普段の食べ物や飲み物でも代謝アップのサポートになるので、意識してとるようにしてみてください。

体を温めてくれる食材には、スパイス系のニンニクやトウガラシ、ショウガ、シナモンなどが代表的ですね。基礎代謝を上げるには、タンパク質やマグネシウムが多く含まれている食材がいいとされています。

烏龍茶も代謝を上げてくれるほか、アミノ酸やビタミンを含んでいるので新陳代謝を活発にしてくれます。抗菌作用もあるので、口臭予防にもなりますよ。緑茶のカテキンは脂肪燃焼を助けてくれるので運動中に飲んでいるアスリートもいますよね。プーアル茶も脂肪の吸収を抑えてくれるのでおすすめです。

とはいえ、食材や飲み物に含まれる成分は個人の体質によって合わないことがありますので、胃腸や体調の様子を見て試してみてください。

 

骨盤の歪みや長年連れ添っている冷え性などで、なかなか理想の下半身にならないと諦めて放置してしまうと、セルライトはどんどん増えてしまうので今日からでも温活を意識してほしいです。

 

もっと読む

40代の健康

ダイエット

 

≪エステセラピスト 町山和代さんの他の記事をチェック!≫

 

OTONA SALONE(オトナサローネ)

トピックスRSS

ランキング