誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

OTONA SALONE / 2018年7月24日 21時30分

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。

私、OTONA SALONE編集長アサミは80年代……正確にいえば70年代後半からアイドル好きだったので(最初にファンになったのはキャンディーズ)、もちろん、たのきんトリオも応援していました。

 

たのきんの中で、誰派だった?

改めて書くまでもありませんが、たのきんトリオのメンバーはこの3人です。

トシちゃん:田原俊彦さん

マッチ:近藤真彦さん

ヨッちゃん:野村義男さん

読者のみなさまは、3人の中で誰派だったでしょうか? もちろん、誰派でもなかったというかたもいらっしゃると思いますが……(最後にアンケートを設けたので回答ください!)。

 

あれは小学2年生のとき

私は、トシちゃん派でした。

理由は……2歳上の姉がマッチ派だったため、残る2人から選んだ結果です(苦笑)。

 

それは、私が小学2年生のとき。ある平日の夕方でした。

姉「私マッチのファンになったんだけど、たのきんの中で誰がいい?」

家の前でバドミントンをしながら、いきなり姉はそんなことを聞いてきました。

 

年近い姉妹ならではの「空気読み」

子供ながらに空気を読めるほうだった私は、直感的に「姉とカブってはいけない」と察しました。

あまりケンカもしない仲の良い姉妹でしたし、まったく怖くなかったですし、妹である私の面倒を非常によくみてくれた姉でした。

けれど、姉の好みとカブることはなんとなくNGだと感じていて、2歳差という年の近さゆえか、4~5歳の頃からなんとなく「優先順位は姉にあり」だったのです。

 

 

カブりを避けてトシちゃん派

初めて告白します。本当はちょっとだけ「私もマッチかなぁ」と思っていました。けれど、空気が読める次女・アサミは咄嗟にこう答えたのです。

アサミ「その中だったらトシちゃんかな」

マッチという選択肢はすでにない。

残るトシちゃんとヨッちゃんという2人のうち、私はトシちゃんを選びました。そこから私のトシちゃん派人生はスタートしたのです。

 

当時のトシちゃんは「王子様系」

当時、たのきんトリオの中で3人の立ち位置はこんな感じでした。

トシちゃん:王子様系

マッチ:やんちゃ系

ヨッちゃん:ちょっと三枚目系

トシちゃん派を選んだということはつまり、王子様系が好きということ。……なのですが、実はそれまで男性アイドルのファンにはなったことがなかった私。どういう男性が好き、というのがありませんでした。

 

そのため「王子様系」と「三枚目系」のどっち? という二択の中で、半ば強制的に「好みは王子様系」に決まったのです。

 

しかし、言霊なのか自己暗示なのか……。

見れば見るほどトシちゃん派に!

最初は「たのきんトリオの中ならトシちゃん派」だった私が、いつしか本当に「トシちゃんファン」に変わっていきました。

トシちゃんが出演しているテレビ番組を観る、レコードを買う、歌や振り付けを覚える、アイドル雑誌を読む……。

見れば見るほどトシちゃんは魅力的だったのです。

当時、歌が下手だのなんだの言われていましたが、さわやかな笑顔、明るいキャラクター、かっこいいダンス、運動神経の良さetc.……関東の片田舎で暮らす小学生から見ると、トシちゃんは本当の王子様のように映りました。

 

なにげにずっと「王子様系」

それ以降、私はずっとトシちゃん派でした。ただファンの度合いは多少の波があり、ドハマりしている時代もあれば、ライトファンだった時代もあります。

基本的にミーハーだったので、トシちゃん以外もいろんな人のファンになりました。振り返ってみればその後にファンになった男性アイドルやバンドメンバー、スポーツ選手……。そのほとんどが「王子様系」でした。

 

思えば、最初は二者択一の中で「好みは王子様系」だったのが、いつしか本当に「王子様系好き」になっていたのです。

余談ですが、同じ頃に読んでいた少女漫画『キャンディ・キャンディ』では、丘の上の王子様派でした。顔がそっくりなアンソニーではなく……。もともと王子様好きの土台があったようです。

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

 

いま改めてトシちゃんがアツい!

『田原俊彦論』岡野誠・著/青弓社 総頁数が400ページという読み応えのあるボリューム!

ずっとゆるゆるとトシちゃん派な私ですが、今年になって再び、トシちゃんがアツいのです!

先日、「田原俊彦さんに聞く【男の本音】グッとくる大人の女とは?」という記事で、ホンモノのトシちゃんを取材させていただくという身に余る光栄な機会をいただきました。

実際にお会いしたトシちゃんから感じたのは、とってもサービス精神があって気さくであり、キュートでおちゃめな男性だということ。カッコいいだけでなく、楽しませてくれる方でした。

当然、取材後すぐ姉に連絡。いかにトシちゃんがステキだったかを報告しました。

そしてつい最近、『田原俊彦論』という書籍が出版されたことを知りました。ものすごいボリュームの一冊。トシちゃんを心から愛するライターの岡野誠氏が著したものです。

 

『田原俊彦論』とんでもない一冊!

本の発売記念イベントが開催され、著者の岡野さんの対談相手としてなんと元CHA-CHA木野正人さんが! 名曲『抱きしめてTONIGHT』のダンス秘話を披露!

ヤバいです、この本。内容が濃い、濃すぎる……!

 

過去の取材でトシちゃん本人が発した言葉や、俳優・野村宏伸さん、作曲家・都志見隆さん、『夜のヒットスタジオ』元プロデューサー、元CHA-CHAの木野正人さんへのインタビューなどから紐解かれる、一視聴者ではわからなかったエピソードの数々。

独立時に関する新たな証言や、ジャニーズ事務所との共演NG説についても検証されていたり、巻末の膨大なデータ資料など……めまいがするほど読み応え満点なのです。

『田原俊彦論』、とんでもない一冊!

 

オトナ世代、必読の書

『田原俊彦論』に掲載された膨大なデータ資料の一部を、イベントでも公開。『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』ウラ話も。

足掛け2年で執筆されたという『田原俊彦論』。

トシちゃんファンのみならず、たのきんファン、ジャニーズファン、アイドルファン、芸能ゴシップ好き、エンターテインメント好き、職人魂好き、ブランディング好き……オトナ世代、必読の書!

この書籍を通してわかったのは、トシちゃんはただの「王子様系」じゃなかったということ。

王子様でありながら、実に骨太であり、男らしく、サービス精神があり、クレバー。キラキラしてカッコイイだけじゃない「超エンターテイナー王子様系」だったのです。

 

「アイドル×好みの男性」の関係性

現在、私は婚活中です。

「40代編集長の婚活記」は連載スタートから約2年、100回を超えました。

周囲のかたから「どういう男性がタイプなの?」と聞かれると「よくわからない」と返事をしていることが多かったのですが、本当はわかっていました。

私は「王子様系がタイプ」だと。

三つ子の魂百までも、なのでしょうか。最初にファンになった男性は、好みのタイプ形成に深く関係していると感じます。少なくとも、私の場合は。

 

王子様はフリーなわけがない!

しかし、みんなにモテモテの王子様系の男性が独身だったり、恋人がいなかったりするわけがないことはわかっています。だから「どういう男性がタイプ?」と聞かれたときに答えられなかったのです。

 

「王子様系がフリーなわけないでしょ!」と総ツッコミを入れられることがわかっていましたから……。おこがましくて言えませんでした。

それに、王子様系は見ているだけで十分満足できる相手。直接かかわって実際は王子じゃない部分を知りたくない気持ちもあります。いいところだけを見ていたい願望……。

 

そんな王子様を夢見る乙女オバサンゆえに、婚活がまったく進展していないんでしょうね。ハイ、それは自覚しております。

 

一世を風靡した「たのきんトリオ」。私が初めてファンになった男性アイドル、トシちゃん。

もしかして私はトシちゃんのような王子様的男性を心のどこかでずっと求めているのかもしれません。もはや名著といっても過言ではない『田原俊彦論』を読んで俄然、トシちゃん熱が高まりました。

やっぱりまだまだ続きそうです、私の婚活は……(苦笑)。

 

それはともかく。改めてお聞きします。あなたは「たのきんトリオ」の中で、誰派でしたか?

 

【緊急アンケート!】たのきんトリオ、あなたは誰派? その理由は?

無記名で回答できます! 後日、アンケートの結果を記事する予定です! 回答お待ちしております!

 

≪OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト 浅見悦子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング