【九星フラワー占い】8月の三碧木星は「新しい自分と出会う」

OTONA SALONE / 2018年8月5日 0時6分

「バトンタッチ」的なことが起こりそうな8月。誰かからバトンを渡されるのか、それとも自分が渡すのか……。変化の途中はどうしてもにストレスがかかるものですが、チャンスにつながる星、ここが踏ん張りどころの星があります。さて、あなたはどっち?

 

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

次々「会いたい」とオファーがやってくる

なんだか色々なことが忙しくて、パッパと片づけてスッキリしたい、そんな気持ちになるかもしれません。

とは言っても、わずらわしくて、あきらかに面倒な用事ばかり、しなくてはならない状況とはかぎりません。

もちろん用事もあるのですが、なぜか色々な人が、あなたに会いたいという気持ちになったり、「そうだ、こんな時こそ〇〇ちゃん!」とあなたのことを思い出すのです。

 

できない人にも寄り添ってあげること

人と会っておしゃべりすることが大好きな三碧さんですから、一人二人と会う約束をしているうちは、「私って人気者だったんだなぁ」とうれしくもなってきますが、予定がうまってくると自分の思いどおりに時間が使えなくなってきて、ちょっと不満の虫が……。

相手の話が退屈だっりすると、もう顔に出てしまう。そうならないようにご用心!

今月に限らず、今年いっぱいの三碧の開運アクションは、できないでいる人、困っている人、年下の人に寄り添うことです。そして用心深く振る舞うこと。

 

自分の得意なことを新発見できる!

そうすることで、「これこそが自分の個性・長所・得意なこと」と思っている以外のことで、人から評価を受ける機会が天から与えられます。

そう、自分の新しい一面、可能性と出合うチャンスだということです。

ですから、自分で自分の可能性を決めてしまうのは、この時期とてももったいないことです。「どうせできない」「ここまで」と見切ってしまわないように。

 

来年の運気を左右する重要な月

もし今月、この❝宿題❞がきちんとできて、誰かから褒められたり、力を貸してくれる人があらわれたりしたら、これは来年(2019年)が人気運上昇、何かを成し遂げられる年であるという太鼓判と言っていいでしょう。

イライラすることもあるかもしれませんが、楽しみにしながら過ごしてほしい1カ月です。

 

今月の恋愛運と金運は?

華やかな魅力が加わり、異性からの人気も上昇するはずです。できれば、ウエストにくびれがあるように、そして肩のラインがしなやかに見えるファッションを選んでください。恋人がいる人はマンネリ感から別れたいという衝動を覚えるかもしれませんが、自分からスパッと決断するのは、おすすめできません。

金運ですが、人付き合いにお金がかかってしまいそうなうえ、気が大きくなりそう。交際費以外はキュッと財布の紐をしめて正解。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはパープル。アイメイクに取り入れると、より魅力的な表情になります。なぜか勘までさえてくるはず。

ラッキーパーソンは、女っぽいファッションを好む女性。この時期なら意外に話が通じ、貴重なアドバイスが受けられるかも。

ラッキーフードは、ゴーヤチャンプルー!夏バテ予防に効果的で、会話のセンスもさえてくるはず。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

≪五行鑑定家 小林佑実さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング