騒音、喫煙、ペットなどのトラブルは数知れず…  経験したことがある近隣トラブルは?

OVO [オーヴォ] / 2019年2月13日 5時16分

騒音、喫煙、ペットなどのトラブルは数知れず…  経験したことがある近隣トラブルは?

 春の引っ越しシーズンが到来した。高い引っ越し費用をかけ、良かれと思って選んだ物件も、実際に住んでみたらご近所とのトラブルが起きてしまうことも。賃貸ならまだ気軽に引っ越すこともできるが、購入した場合は一層深刻な問題だ。そこでオーヴォ編集部は「経験したことがある近隣トラブルは?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って2月4日~10日に実施し、男女計545人から回答を得た。回答で最も多かったのは「生活音や騒音」で37%だった。特に集合住宅の場合は、上下左右の住居だけでなく、斜め上や斜め下の住居からの生活音にも悩まされたり、逆に自分が発している生活音にクレームをつけられることも少なくない。続いて「車や駐車場関係」(12%)、「ペットの飼育」(11%)、「いたずら・嫌がらせ」(10%)、「ゴミの出し方や分別法」(8%)、「あいさつ」(7%)、「共有部分の使い方など」(6%)、「タバコなどの臭い」(5%)、「よその子が入り浸る」(3%)、「自治会に加入できない」(2%)と続いた。

 かつて近隣トラブルを経験したことのある人にその内容について聞いてみると、「階下の住人から、夜間の洗濯機の使用や入浴時の騒音を、管理会社を通して2度注意されたことがあった」(40代・女性)、「ペット禁止の物件にもかかわらず、階上の住居で飼う犬の音がうるさくて管理会社に何度も注意した」(40代・男性)、「マンションの駐車場で高校生たちがタバコを吸っては、その吸い殻を自分が掃除するはめに…」(30代・女性)、「共有部分の廊下に隣人の粗大ゴミの家電が長期間放置され、迷惑だったので管理会社に注意してもらった」(30代・男性)、「階下のベランダで喫煙している煙が、自宅に入ってくるのでかなりのストレスだった」(30代・男性)などの声が挙がった。

 住んでみないとわからないこともある近隣とのトラブルは、毎日のように顔を合わせることもある相手なのでつい、我慢してしまいがち。ストレスをためすぎずに、何かあった場合は管理会社や警察相談専用電話の「#9110」に電話するなど、思い切って声を上げることも重要そうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング