台湾の名店が日本初上陸! 100%台湾産の黒糖を使ったタピオカドリンク

OVO [オーヴォ] / 2019年6月13日 11時22分

台湾の名店が日本初上陸! 100%台湾産の黒糖を使ったタピオカドリンク

 今やどこにするか悩むほどたくさんあるタピオカドリンクのお店。それぞれ独自のこだわりを持っているが、この店は台湾でNo.1に選ばれた経歴がある。6月14日(金)に日本初上陸を果たすのが、台湾で人気のタピオカブランド「珍煮丹(ジェンジュダン)」だ。使用する黒糖は100%台湾産で、品質を保つため自社工場で手作りしているという。

 2010年にシーリン(士林)で1号店をオープンした珍煮丹。タピオカは口に含んで噛んだ時、最もバランスの良いサイズと柔らかさになるよう作られていて、味を出すため長時間、黒糖シロップに漬けられている。茶葉も黒糖の味わいを引き出す品種を厳選。無添加にこだわり、黒糖・タピオカに加え、日本の店舗では北海道産の牛乳を使用する。

 おいしくて体に良いものを提供したいというのが珍煮丹の思いだが、それを証明するのが2017年に台湾で開催されたブラインドテイスティング。タピオカミルクブランド30ブランドがノミネートされ、ブランド名を伏せて味・色・タピオカのサイズ・食感などを審査した結果、珍煮丹の「黒糖ミルク」がNo.1に選ばれた。その味を試したい人は渋谷へ。

「珍煮丹 渋谷MAGNET109店」

東京都渋谷区神南1丁目23-10 MAGNET by SHIBUYA109 7F「MAG7」
営業時間:11:00~23:00
電話:03-6868-8477

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング