1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

ポークオーディオが新スピーカー・シリーズを発売 エントリークラスでハイレゾ対応

OVO [オーヴォ] / 2021年8月27日 16時34分

ポークオーディオが新スピーカー・シリーズを発売 エントリークラスでハイレゾ対応

 オーディオ機器のディーアンドエムホールディングス(川崎市)は、米国ポークオーディオ(Polk Audio)のスピーカーシステム、「Signature Eliteシリーズ」を、8月下旬に発売する。先に発売の最上位「Reserveシリーズ」に続くブランドの中核となるもの。手にしやすい価格で本格的なサウンドが得られることがポイントになっている。


 ラインアップは全8機種。ブックシェルフ型が、サラウンド用に使えるES10(3万7,400円/ペア、税込み・以下同)を始めES15(4万6,200円/ペア)、ES20(5万7,200円/ペア)の3モデル。フロア型がES50(4万8,400円/1台)、ES55(6万3,800円/1台)、ES60(8万2,500円/1台)の3モデル。さらにセンタースピーカーにES30(4万2,900円/1台)とES35(5万7,200円)があり、ステレオシステムからサラウンドシステムの構築まで対応する。

 ユニットは各機種に共通。ドームトゥイーターは、高分子ポリエステル系素材テレリンの振動板の採用で、40kHzまでの高音域を確保し、ハイレゾ音源もより忠実に再生。中低音域のミッドレンジ/ウーファーはポリプロピレンにマイカを加えた軽量・高剛性ドライバーで、コンピューター解析を使った設計技術でユニットに固有の不要な共振を抑制。特許技術をもつ低音強化構造とともにクリアで伸びやかな低音を獲得している。



 音質に大きく関わるネットワーク部にはクラスを超える高品質なパーツ類を投入。アコースティックギターのボディをイメージしたという両肩と底面部が丸みを帯びたエンクロージャーは、ブラウン、ブラック、ホワイトの3色を用意する。




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング