1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

「燻製屋」新パッケージで国際評価PR 丸大食品、品評会「三冠達成」で

OVO [オーヴォ] / 2021年10月14日 7時30分

「燻製屋」新パッケージで国際評価PR 丸大食品、品評会「三冠達成」で

 丸大食品(大阪府高槻市)はこのほど、「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」と「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」のパッケージを、国際品評会の高い評価をPRする内容に改めた。

 熟成あらびきポークウインナーは、ドイツアルプス産岩塩を使用し、72時間以上熟成させて肉のうまみを引き出している。ベルギーの国際味覚審査機構の「一ツ星」とベルギーの国際品質評価機関「モンドセレクション」の金賞を今年、受賞。2020年に受賞したドイツ農業協会(DLG)の食品品質競技会「金賞」と合わせ、国際的な品評会で三冠を達成した。パッケージの表面に「三冠達成」の大きな文字を配し、国際評価の高さを強調している。

 容量の異なる3種類で展開。想定価格は、180グラム(90グラム入り2パック)が480円、380グラムが720円、630グラムが1190円。

 2020年4月の発売以来好評の熟成あらびきウインナー ホワイトは、21年のモンドセレクションで金賞を受賞。受賞を記念し「金賞受賞」の文字をパッケージ表面2カ所に記載した。燻製ブラックペッパーの香りと風味を特徴とするホワイト仕上げのポークウインナーで、熟成あらびきポークウインナー同様、ドイツアルプス産岩塩を使用し、72時間以上熟成させている。想定価格は480円(85グラム入り2パック)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング