1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

新しい暮らしに対応する自由なテーブルを 第2回「隈研吾&東川町」KAGU デザインコンペが作品募集中

OVO [オーヴォ] / 2021年12月2日 15時30分

新しい暮らしに対応する自由なテーブルを 第2回「隈研吾&東川町」KAGU デザインコンペが作品募集中

 北海道旭川家具の主要産地で、北海道のほぼ中央に位置する東川町。大雪山を望む美しい田園風景、地下水という自然の恵みの中で暮らす写真文化首都「写真の町」としても魅力を発信している。その東川町が建築家・隈研吾氏とともに、世界中の若者を対象にした新しい「KAGU」の提案を呼び掛けている。第2回「『隈研吾&東川町』KAGU デザインコンペ」では、2022年3月31日まで作品を募集中だ。


 「KAGU」は、従来の家具という概念を拡張した人間と世界の間をつなぐものの総称。第1回は41の国・地域から1,876件のエントリーがあり、最終的に36の国・地域から834作品が提出された。第2回目の今回のテーマは「自由なテーブル」。参加資格は国内外を問わず、30歳以下の学生。締め切りは 2022年3月31日(2月28日までに要事前登録)。応募作品の中から入選10作品を選定し、2022年6月に東川町で公開プレゼンテーションを開催の上、受賞作品を選定する予定。各賞は隈研吾賞(最優秀賞、1点、50万円)・優秀賞(3点、10万円)・佳作(6点)。応募は同コンペの公式ホームページから。問い合わせは隈研吾&東川町 KAGU デザインコンペ実行委員会事務局(東川町文化交流課内)、電話 0166-82-2111、メール:official@kagu-higashikawa.jp。


 東川町では、町に生まれた子どもたちを見守り、子どもたちの居場所を作る取り組み「君の椅子」が長く続けられてきた。小学校では木製の学童家具に囲まれて学び、中学校では 3 年間手入れして使い込んだ自分の木製椅子を卒業記念として持ち帰る。家具産地の小さな町だからこそできる取り組みは、いよいよ次の時代を担う若者を育成する段階に入る。


 審査委員長の隈氏は「コロナになって、生活のスタイルが大きく変わりました。リモートでの仕事も普通になり、密を避けた屋外で食事をすることも増えました。テーブルとデスクという区別も今や意味がないかもしれません。そのような新しい暮らしに対応する自由なテーブルを提案してください」とのメッセージを寄せている。


東川町風景(冬)


東川町風景(夏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください